AsJYOC現地報告その6(8/24)

AsJYOCいよいよ最終日。ミドルディスタンス競技が行われました。

テラインは想定通り、草原中心のスピードテライン。

IMG_5967.JPG

シンプルに真っ直ぐ行くこと。最後まで集中を切らせず走りきることが問われる、日本ではなかなかないミドル競技。どこまで対応できるかが問われるレースでした。

IMG_5969.JPG

結果は・・・

IMG_5989.JPG

まずM16は、森清がスプリントに続いて金メダル。そして国沢がその後に続き銀メダルを獲得しました。森清は5分/kmを切る素晴らしいタイムでの圧勝。日本の若きエースたる貫録を見せつけました。

そして前回表彰台独占したM20。

IMG_6006.JPG

今回は残念ながら1位こそカザフスタンに取られたものの、2位稲森、3位新田見、4位柴沼と、上位を占めることができました。
稲森は終盤、ポストスルーで1分半の痛恨のミス。その差がそのままついてしまったと悔やむことしきり。でも地元・中国には勝ち越し、前回に続き日本ジュニアの力を見せつけました。

そしてW20では、前回に引き続き宮本が3位で表彰台へ。

IMG_6010.JPG

ゴール直後は走りきれなかったと悔しがっていましたが、うれしい2大会連続の入賞でした。

ということで、すべての競技が終了。日本は前回を上回る12個のメダルを獲得。
良い結果を得ることができたかと思います。

次回2019年のAsJYOCは日本で開催されることが決まりました。

IMG_6049.JPG

日本は開催国として恥ずかしくない成績を残したいものですが、一方で着実にアジア諸国は力を付けてきています。
より一層の強化をして、ホスト国として恥ずかしくない結果を残したいものです。

最後に・・・ブログを見ていただいたみなさんへ。
日本チームへの応援ありがとうございました。これからもジュニアユースへのたゆまぬ支援をよろしくお願いいたします。

IMG_6074.JPG

2 COMMENTS

森清幹也
森清幹也
2017年8月25日 21:59

Orientierungという用語は独逸精神病理学では、最初に学ぶ基礎的かつ重要な単語です。「見当識」と訳しますが、Zeit(時)・Ort(所)・Person(人)に対する正常な認知を表しています。
まさにこの競技の神髄ですよね。精神保健指定医の小ネタです。
今回の経験を生かして帰国してからの皆に期待しています。

鹿島田
鹿島田
2017年8月27日 17:50

選手のみなさん、またスタッフの皆さん、大変お疲れ様でした。また素晴らしい結果をありがとうございます。
日本では遭遇しない、壮大な風景と地図に驚きました。テレインに対応して成果を出した選手は素晴らしいと思います。
また、次回大会が日本開催となることを、ここで初めて知りました。日本開催が選手のモチベーションに繋がって良い結果になることを期待しています。

コメントする