PreO 2日目

トレイルO日本代表チームの岩田です。
8月9日はPreOの2日目が行われました。
微地形の林と採砂場で構成される今回のテレインでは、33コントロールが設定されました。

オープンクラスは7人が満点を獲得、そのうちトップは、タイムコントロールを18秒で答えたスロバキアのJanFuruczで、見事二日間とも1位となり優勝しました。
メダル争いは5位までが全問正解の61点という激戦で、タイムコントロールの差で雌雄を決することとなりました。

日本選手は、岩田選手が1問ミスに抑え2日目単独では8位と善戦したものの、初日のミスが響き総合では35位、大西選手と田代選手は得点を伸ばしきれない結果となりました。

PreOオープンクラス
1位 J. Furucz(SVK) 61点 30.5秒
2位 G. M. Oien(NOR) 61点 43秒
3位 A. Russanen(FIN) 61点 45.5秒
35位 岩田(JPN) 56点 236秒
41位 大西(JPN) 54点 67秒
45位 田代(JPN) 53点 101.5秒

20180809_155517.jpg

パラリンピッククラスのトップは3問ミスの30点で、二日間ともに1位を獲得したスウェーデンのOla Janssonが優勝しました。

PreOパラリンピッククラス
1位 O. Jansson(SWE) 58点 114秒
2位 M. Johansson(SWE) 57点 100秒
3位 S. Jakobsen(NOR) 56点 196秒
37位 高柳(JPN) 28点 388秒

20180809_154620.jpg

選手によるPreOの感想です。
岩田健太郎選手(オープンクラス)
最後のレースで結果を出せて良かったです。
ただ、正答率の高い問題を間違えてしまったのでまだまだ技術不足を感じると同時にトップ層のレベルの高さを痛感しました。
応援ありがとうございました。

大西正倫選手(オープンクラス)
Day1よりは幾らか調子を掴むことが出来ましたが、最後に連続ミスを出してしまい悔いの残る結果となりました。
終盤に向けていかに集中力を維持するか、なんとか解決したいと思います。

田代雅之選手(オープンクラス)
初日のミスの原因部分は今日は克服できたとは思うのですが、距離感(目測)という苦手部分で失点してしまい、下位に沈んでしまいました。応援していただいた皆さんの期待にこたえられる結果を残せず不甲斐ない気持ちも感じていますが、必ずや強い日本を復活させるべく今後も取り組んでいきます。

高柳宣幸選手(パラリンピッククラス)
暑かったです。10番あたりからしんどくなりました。パート2からはさらに疲れました。
1日目より点数を取れてよかったです。

2018_preo2.jpg

明日は最終種目のリレーが行われます。
各国1チーム3人で、各走者がPreOパートとTempOパートに挑みます。
PreOパートでは一人当たり10コントロール、TempOパートでは一人当たり4課題を解き、チームの総合成績を競います。
日本チームは1走大西選手、2走木村選手、3走田代選手で出場します。

各選手の意気込みです。
1走 大西正倫選手
畏れ多くも1走を務めさせて頂くことになりました。後ろに控える大先輩方の胸を借りて、やりたいように、しかしいつも通りを心がける所存です。足を引っ張らないよう頑張ります。

2走 木村治雄選手
最終種目なので頑張ります。

3走 田代雅之選手
普段経験しない手順(30個のうちどの10個を解答するか地図上に印はなくチェックカードを見る)の部分でつまらないミスをしないよう気をつけつつ、有終の美を飾れるようしっかりレースしてきたいと思います。

応援よろしくお願いいたします!

WTOC2018公式Webサイト
https://www.woc2018.lv/wtoc/

コメントする