top-image

WTOC2017 PreOday1結果, Relay

13日にPreOの第1日目が、カウナス郊外の野外博物館にて開催されました。
リトアニアの伝統的生活を展示するだけあって、歴史感ある建築物を絡めた課題や、広大な耕作地を見渡す課題が用意され、選手達は雨の中2時間以上に渡って競技を行いました。
第2日目は15日に開催です。より多くのコントロールを用意して、1日目の成績の逆順にスタートします。
また、14日にはリレー競技が行われます。日本からは岩田・小泉・木村の3名より日本チームを編成し、オープンクラスにて10時15分にスタートします。応援よろしくお願い致します。

以下選手のコメントと本日の結果です。
PreO
(1位 Vitaliy Kyrychenko (Ukraine) 19点/19問, TC13秒)
小泉選手: 22th / 17点, TC22.5秒
天候の悪い中なんとか2日目に繋げられる結果になったと思うので、なんとか2日目に勝負したいと思います。
岩田選手: 27th / 17点, TC26.5秒
day1は目標にしていたトップ2点差に抑えられたので、2日目に希望を残せる結果になりました。
荒井選手: 34th / 17点, TC88秒
TCで完全に置いていかれてしまったので、2日目には挽回したい。

Relay
岩田選手
あとの2人が帰ってくるのが楽しみになるような結果にしたいです。
小泉選手
去年はチームの足を引っ張ってしまったので、今年はTempO含めて全問正解を目指します。
木村選手
リレー出場の機会が巡ってきて、このリレーが自分の最終種目にもなるので、頑張りたい。
(文責 大西)

スプリント決勝結果

こんにちは、オフィシャルの守屋です。

本日はスプリント競技でした。皆様、応援ありがとうございました。
以下、結果です。

男子
1 Olli Ojanaho(FIN) 13:59
2 Tommy Hayes(NEZ) 14:07
3 Joey Hadorm(SUI) 14:09
----
108 森清 星也 16:42
110 稲森 剛 16:45
119 新田見 優輝 16:59
141 椎名 晃丈 17:37
151 上野 康平 18:23
153 岩井 龍之介 18:48

女子
1 Simona Aebersold(SUI) 14:02
2 Tereza Janosikova(CZE) 14:09
3 Linnea Golsater(SWE) 14:21
----
119 増澤 すず 18:19
125 宮本 和奏 18:43
133 稲垣 秀奈美 21:45
136 高橋 ひなの 22:01
137 河村 優花 22:43
DISQ 小竹 佳穂

(小竹選手は正しいコントロールに行ったにもかかわらずemitタグが反応せずバックアップが取れませんでした。)

詳細な結果、地図及びGPSはこちらから
http://www.jwoc2017.fi/result-service

また、選手からレース後のコメントを頂きました。

稲垣秀奈美
20170712honami.JPG

稲垣です。

今日は難しいコースで思うようにスピードを上げて走ることができず、非常に悔いの残る結果となってしまいました。
明日のレストはしっかり休んで、明後日のロングは思いっきり走りたいと思います。

森清星也
20170712seiya.JPG

森清です。

事前に予習した範囲が出てきて、そこは上手く走れましたが、中盤で走り疲れて集中力が切れてしまい簡単なところでミスをしてしまいました。
ロングやリレーは大きなミスをせず悔いのない走りをしたいです。

男子ミドル・スプリント2冠のOlli Ojanaho選手(フィンランド)と。

OlliSeiya.jpg

新田見優輝
20170712yuki.JPG

新田見です。

今日はスプリントでしたが、不満が大きく残る結果でした。あっという間に1分後の速い選手に追いつかれ、脱出でもたつく間に視界から消えてしまいました。
ミドル、スプリントのメダル授与式も行われ、もっと速く、上手くなりたいと思う1日でした。疲れもあるので明日は1日レストにして、残る2戦に備えます。
適当に買ったコーラを飲んだら何故か疲れが吹っ飛びました。逆に不安です。

----

ミドルとスプリントを終え明日はレストDayです。とはいえ、ほとんどの選手がロングとリレーのモデルイベントを予定しております。
あと2戦ですが、悔いのないレースができるよう、選手はひたむきに読図や反省を行っています。

皆様、引き続き応援よろしくお願いいたします!

WTOC2017 PreOday1

本日はPreOのモデルイベントでした。
テレインは郊外の草原地帯。点在する木々を絡めた課題に挑戦しながら、選手たちは手順や課題の考え方を確認しました。
PreOは明日と明明後日の2日間、異なるテレインにて開催され、その合計で順位を決定します。明日はリトアニアの野外美術館が舞台となります。

明日のスタート時刻を以下に掲載します。応援よろしくお願い致します。
Open
10:10 荒井正敏
11:44 岩田健太郎
11:56 小泉辰喜
Paralympic
10:39 高栁宣幸

WTOC2017 TempO決勝

本日のTempO予選・決勝は、ビルシュトナス近郊の自然豊かな公園にて開催されました。
予選では、湖の対岸を望む遠距離ステーションや、多数の樹木群を丁寧に同定する課題が出され、多くの選手が時間を奪われるなか、岩田選手が決勝進出を決めました。
決勝は公園の別地区にて、断続的な激しい雷雨の中で敢行。
岩田選手は序盤、大小様々な樹木の混在する第1ステーションでやや苦戦するも、第2ステーションにて全問正解して挽回し、終盤の広範を見渡すステーションでも全問正解をマーク。入賞まではあと1問ミスという僅差で届きませんでしたが、10位を記録しました。

以下に決勝の結果と、各選手のコメントを掲載します。

1. Vetle Ruud Bråten (Norge) 282
2. Martin Aarholt Waaler (Norge) 286
3. Ján Furucz (Slovakien) 329.5
4. Marit Wiksell (Sverige) 330.5
5. Juha Hiirsalmi (Finland) 337.5
6. Lennart Wahlgren (Sverige) 354.5
10. Kentaro Iwata 388

岩田選手
予選は一つひとつの特徴物を冷静に照らし合わせ、 多くの課題で自信を持って回答し、満足できる結果で終えられました。
決勝では、いきなり1番ステーションで自信のない回答を連発してしまいましたが、 続く2番ステーションですべての課題に確証を持って回答しリズムに乗ることができました。最終ステーションでは衆人環視のもとでしたが、緊張に押し潰されず落ち着いて完答することができ、今後の自信につながりました。
10位という結果には予想より良かったという驚き半分、喜び半分といった心境です。結果として表彰台も十分狙えるタイム差だったので、いつか入賞してやろうと思います。
応援ありがとうございました。
小泉選手
ゲレンデには対応できたと思うのですが、ミスが多く予選を通過できず残念です。明日以降のPreOに向けて切り替えていきたい。
田代選手
この種目の自分と世界の差を認識せざるを得ない結果となってしまいました。でもこれでようやくスタートラインに立てたとも言えます。これで終わりにすることなく、この種目でも上を目指していきたいです。
木村選手
思い切った作戦を取ろうと思ったが、それが出来るような状況でもなかった。

Results TempO Qualification http://wtoc2017.lt/2017/07/11/results-tempo-qualification/
Results of TempO Final http://wtoc2017.lt/2017/07/11/results-tempo-final/
(文責 大西)

ミドル決勝結果

オフィシャルの守屋です。

皆様、応援ありがとうございました。

ミドル決勝の結果です。

女子A決勝
1 Simona Aebersold Switzerland 23:15
2 Linnea Golsater Sweden 24:29
3 Veera Klemettinen Finland 25:03

女子C決勝
1 Justyna Kostrzewska Poland 26:11
2 Tyra Christopherson United States 27:35
3 Sandrine Defraigne Belgium 28:19
4 増澤 すず  28:39
----
7 宮本 和奏  29:55
13 稲垣 秀奈美  36:00
22 高橋 ひなの 42:04
26 河村 優花  48:27
27 小竹 佳穂  53:12

男子A決勝
1 Olli Ojanaho Finland 23:47
2 Audun Heimdal Norway 25:08
3 Simon Imark Sweden 25:50

男子B決勝
1 Nick Smith New Zealand 23:35
2 Nick Gebert Switzerland 23:55
3 Jesper Svensk Sweden 24:26
----
41 稲森 剛 30:19
50 岩井 龍之介  39:07

男子C決勝
1 Richard Gremmel Austria 22:12
2 Toby Wilson Australia 23:26
3 Jarrah Day Australia 23:40
----
12 森清 星也  26:14
33 新田見 優輝 32:10
37 上野 康平 34:29
40 椎名 晃丈  39:19

選手から今日のレースのコメントをいただきました。

増澤すず
20170711suzu.jpg
増澤です。 昨日は、ミスを連発してしまい、納得のいくレースができなかったのですが、今日は切り替えて楽しく走れました。 明日もこの調子で頑張ります。


岩井龍之介

20170711ryunosuke.jpg

岩井です。

昨日はミスをしないことを最優先にして走りました。結果、B決勝通過はできましたが最下位だったので、この機会にチャレンジしたいと思って自分のトップスピードを出せるようにレースをすることにしました。


レース内容はロスをしてしまいましたが、上手くいったレッグは30位と良いタイムで行けたので、最終的な結果は良くなかったけれど自分のスピードは世界でも通用するんだな、という手応えを感じました。


レッグ中の部分はラフにスピードを出しても迷わず行けたので、レッグ中は今日のようにトップスピードを出すことを意識して、アタック周りでは昨日みたいに慎重にいくことを意識して走れたらと思っています。


高橋ひなの

20170711hinano.jpg

高橋です。

一つのレッグで大きくミスをしてしまい悔いの残る結果となりました。まだフォレストの競技が2日間あるので、今日の反省を生かして少しでも良い結果を残したいと思います。


----


ミドル決勝を終えて明日はスプリント競技が控えています。
選手たちは当日のテレインをくまなく予習し、予想コースなどを組んでいました。
明日は市街地でのスプリントで、精巧な読図力が試されるレースが予想されます。

JWOCスプリントスタート時刻(日本時間)です。

16:38 稲垣 秀奈美
16:40 小竹 佳穂
17:00 岩井 龍之介
17:11 森清 星也
17:25 河村 優花
17:28 椎名 晃丈
17:33 増澤 すず
17:34 新田見 優輝
18:04 高橋 ひなの
18:07 宮本 和奏
18:25 稲森 剛
18:29 上野 康平

引き続き応援をよろしくお願いいたします!

WTOC2017 TempO予選

TempO予選の結果です。
予選は5ステーション各5課題、解答時間+ミス数×30秒で点数を与え、各ヒートで点数の低い上位18位までが決勝進出となります。

Heat Red
1. Pavol Bukovác (Slovakien) 246.5点
8. Kentaro Iwata 313.5点
36. Haruo Kimura 567点
Heat Green
1. Antti Rusanen (Finland) 193.5点
23. Masayuki Tashiro 482点
24. Tatsuyoshi Koizumi 488.5点

これより、岩田選手が決勝進出となりました。
岩田選手は17時40分(日本時間で23時40分)からスタートします。
ライブリザルト http://preoresultat.se
(文責 大西)

WTOC2017開幕

トレイルO日本代表チームです。
チームは数日前から現地入りし、ラトビアにてプレ大会へ参加して各々調整を進めていました。
本日、WTOC2017(世界トレイルオリエンテーリング選手権)がリトアニアのビルシュトナスにて開幕します。
以下の概要にて、皆様の応援よろしくお願い致します!

公式web http://wtoc2017.lt
7/11 TempO  岩田健太郎, 小泉辰喜, 田代雅之, 木村治雄
7/13 PreO day1 オープンクラス 岩田健太郎, 小泉辰喜, 荒井正敏
        パラリンピッククラス 高栁宣幸
7/14 Relay   現地成績により決定
7/15 PreO day2 day1に同じ

また、本日はTempOのモデルイベントも開催されました。
ビルシュトナスの街中、緑の美しい公園テレインにて、選手たちは3ステーションのTempOに挑戦。ステーションでの手順や地図表現、出題傾向を入念に確認しました。
本日の反省を活かし、明日の本番での予選通過・上位進出を目指します。

各選手の出走時刻とコメントを以下に掲載します。

Heat Red
9:22 岩田健太郎
10:04 木村治雄
Heat Green
9:06 小泉辰喜
9:42 田代雅之

岩田選手 予選独特の緊張感を楽しみつつ、落ち着いて正解を導き、去年に続き予選突破を目指します。
小泉選手 予選は細かいミスをしないよう、落ち着いて望みたいと思います。
田代選手 前回の挑戦から8年も経ってしまいました。ようやくこの場に帰って来れて本当に嬉しいです。明日は世界の猛者どもに8年分の思いをぶつけてきます。
木村選手 事前状況からすると予選通過はなかなか難しそうですが、思い切った手順で勝負を掛けたいと思います。

正解図をもとに地図表現を観察する選手たち
IMG_20170710_142401.jpg

重ねてになりますが、皆様のご声援よろしくお願い致します。
(文責 大西)

ミドル予選の反省とミドル本戦のスタート時刻

オフィシャルの守屋です。
先ほど今日の反省をして明日の流れの確認をしました。

稲森選手のチームへのフィードバック
「結構立ち止まって地図を読んだほうがよい。立ち止まって地図を読んでミスをしないほうが良い。」
「細かい地形に入った時に意識してペースを下げる。明日は全体的にペースを落として走らなければいけない区間が増えるだろう。」
とのことです。
速く前に進みたい気持ちをコントロールして「止まる勇気」も必要になり、地形の細かなエリアで走ることが予想されており、今日以上にストレスのかかるコースが待ち受けていることと思います。

_____


選手から今日のレースのコメントをいただきました。

上野康平
20170710kohei.png

上野です。

スタートする時は緊張しましたが、走っている時は気楽にレースができました。
ただ守りすぎた走りをしてしまい、大ミスはしなかったけれど出しきれなかったので、明日は全力を出し切れるように頑張ります。

椎名晃丈
20170710akihiro.png

椎名です。

今日のミドル予選は、コンパスを確認する回数を増やし、遠くを見るようにしたので、大きなミスなく走ることができました。しかし、技術的に簡単な場所で足元を気にしてペースが遅くなることがあったので、明日以降は意識的にペースを上げるようにしたいと思います。

宮本和奏
20170710wakana.jpg
宮本です。 スタートする前に、難しいなら堅実に行こう、と思って行ったので、大きなミスはありませんでしたが、4番5番あたりまで慎重に行きすぎてしまい、そこでコースが簡単なことに気付きました。

ミスなくプラン通りに行けた点は良かったです。明日はもっと速く走れるように頑張ります。

5→6で、直進を当てたかったとのことですが、隣接コントロールを「違うよな?」という確信を持ちつつも確認のために2つ見に行ってしまったそうです。


今日は「堅実に行きすぎた」との声が多くありましたが、自分らしくレースをまとめて帰ってこれるよう、選手を送り出したいと思います。
__

7/11 ミドル決勝スタート時刻(日本時間)です。

18:03 岩井(京都2)GPS
18:06 高橋(東北3)
18:09 稲垣(千葉3)
18:11 河村(名古屋2)
18:12 新田見(東京3)
18:15 椎名(東京1)
18:15 小竹(筑波2)
18:17 増澤(筑波2)
18:19 宮本(筑波1)
18:24 上野(東工3)
18:28 森清(東海高1)
18:37 稲森(横国3)GPS


GPSの装着はA決勝B決勝の選手が対象のため、日本チームは稲森選手、岩井選手のトラッキングが観戦できます。
皆様引き続き、応援よろしくお願いいたします!

PREV 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13