top-image

AsJWOC現地報告その3(8/21)

いよいよAsJYOCの開幕です!

まず競技に先駆けて、開会式が開かれました。

巨大な伽藍的な建物の前で、約40分のイベント。民族ダンスや楽器演奏なども披露されました。

IMG_5460.JPG

そこで衝撃の展開が!
なんと新しいスタートリストが配られたのです。
前日夜配られたのとは、全く違うスタート順。スタートの2時間前の変更という、まさかの展開に一瞬動揺しましたが、受け入れるしかありません。

開会式が終了して、いよいよ最初の競技のスプリント。

距離は2.3km~2.7km、等距離43~49m。達磨吉林寺というチベット仏教の寺院の周りのオープンランドを使って開催されます。
開会式の巨大な建物も施設の一部らしく、またフィニッシュのある場所もやはり宗教的な巨大建造物の前庭。不思議な雰囲気の中のスプリントになりました。

IMG_5550.JPG

IMG_5499.JPG

実際コースは、複雑な植生の荒地パートと、そして寺院の境内、荒地の中に規則的に植えられた植栽の中を突っ切るパートと、バリエーション豊かなもの。また同時に開かれている中国全国大会のコントロールがあらゆる場所に置かれていたため、隣ポに苦しめられた選手も多かったようです。

さて、その結果は。

まずは男子。M16では、トップスタートでトップゴールしたのが森清選手。11分26秒という5分/kmをやや切るタイムを叩き出し、結局このタイムは後続に抜かれることなく、ポールtoウィンの快勝!日本チームにこの大会最初の金メダルをもたらしてくれました。また金子選手が5位、清古選手も8位と健闘しました。

IMG_5531.JPG

続いてM18では、前回に続き2回目の参加となる祖父江選手。最初から最後まで落ち着いてできたという言葉通り、見事3位入賞!勝負強さを見せました。

IMG_5548.JPG

そして注目のM20。前回は坂梨選手が3位に入った種目ですが、今回日本チームは実力者を揃え複数入賞を狙いました。
ところが、多くの選手が前半の藪エリアや寺院周りのトリッキーなルートで苦戦を強いられ、20分超えする選手が続出します。
そんな中、一人気を吐いたのがエース稲森。日本人で唯一17分台を叩き出し、見事3位に滑り込みました。

IMG_5507.JPG

一方の女子は、W16では落合選手がわずか6秒差で4位と惜しい結果に。
W18に唯一参加した吉田選手は健闘及ばず10位、そしてW20では、メダルを期待された増澤選手は前半で大きくミスをしてしまい7位、JWOCで活躍した宮本選手も長旅の疲れからか5位と振るわず、かわりに昨年のインカレスプリント3位の実力者、出田が貫禄を見せ3位入賞しました。

IMG_5544.JPG

全体としてやはり中国選手のスピードと、香港選手の活躍が目を引いたスプリント競技。日本チームの結果はメダル4個とまずまずのスタートを見せたと言えると思いますが、もう少しやれたはず、という悔しさを感じさせる結果となりました。

明日は、スプリントリレーです。
チーム編成は以下の通り。

20-1
増澤-柴沼-稲森-宮本
20-2
小竹-新田見-楠-出田
※高橋はカザフスタンと高見澤は台湾&中国との混成チーム
18
落合-祖父江-森清-吉田
16
丸山-国沢-金子-古田島
※藤原、清古は香港との混成チーム

代表チームはメダルを、そして混成チームは他国との交流をそれそれれ目標に頑張ってほしいと思います。
特に20クラスは連覇が懸かるため、要注目です。

スタートは現地時間の9:10からです。
引き続き応援よろしくお願いします。

IMG_5545.JPG

【速報】個人スプリント競技で金メダル1個,銅メダル3個を獲得

sprint_W20.jpg

W20で出田が3位!

sprint_M16.jpg

M16で森清優勝!

sprint_M18.jpg

M18で祖父江3位!

sprint_M20.jpg

M20で稲森が3位!

スタートリスト更新

大会当日の朝になって,スタートリストが更新されました.

IMG_5473.jpg

IMG_5474.jpg

AsJYOC現地報告その2(8/20)

トレーニングキャンプの2日目。
今日はミドル向けのトレーニングでした。

昨日に引き続き、なんの情報もない中で現地に行ったら、びっくり!
伊豆大島の裏砂漠にも似た、荒地と凹凸が複雑に入り組んだテラインが!

IMG_5300.JPG

IMG_5328.JPG


実際選手たちは、微地形部分の表現に惑わされたり、草原部分のひたすら走りのパートに苦しめられていましたが、それでも早い選手は4.5kmで27分と6分/kmで走れるほどのスピードテライン。ミドルのウイニングが5分/kmで設定されているのもうなづけます。

本番のミドルはちょうどこの北側のテラインのようです。
果たして、日本選手はこのスピードテラインを制することができるでしょうか?

そして、午後からは、スプリントのモデルイベントでした。
こちらも本番スプリントテラインのすぐ南側の荒地で行われました。

当初スプリントのテライン予想は、エンバゴーエリア内のある大学の構内を予想していたのですが、Bulletin2の情報により見つかったのは、なんとエンバゴーエリアの外!
それもいわゆるスプリント的なルートチョイスに使われるような建物や複雑な道などがなさそうな、オープンエリア!いろいろと予想外の展開です。

IMG_5401.JPG

というわけで、モデルの場所も広大な荒地。しかも午前中のオープンより雑草が多く、また地面も凸凹していてやや走りにくいテライン。見通しが良いため、技術的には難しくないのですが、足元の不安定さに、当日はOシューズを選択しなきゃ、という選手が続出しました。

というわけで、明日はいよいよAsJYOCが開幕。最初の種目のスプリントです。
テラインはオープンが中心ですが、会場付近には巨大なチベット仏教の寺院があり、一部その周辺も使われるようで、いったいどんなコースが待っているのか、予想がつきません。
つねに予想の斜め上をいく中国でのAsJYOC。選手たちには、それに負けず、良い戦いをしてもらいたいと思います。

明日のスタート時刻です。(現地時刻。日本時間は+1時間)

M20 高見沢 10:44
楠   10:48
稲森   10:52
柴沼   10:56
 新田見  11:00
W20 小竹   10:43
高橋   10:47
出田   10:51
増澤   10:54
宮本   10:58
M18 祖父江  10:48
W18 吉田   10:53
M16 藤原 10:44
清古 10:50
国沢 10:54
森清 10:58
金子 11:02
W16 古田島 10:49
落合 10:55
丸山 11:01

AsJYOC現地報告その1(8/19)

2015年の香港に第一回目が開催されたアジアジュニアユース選手権大会(AsJYOC)。
香港では、M20リレーでの金メダルやミドルで表彰台独占など、数々の素晴らしい結果をもたらしてくれました。

あれから2年。
2回目となる今回は、中国の内モンゴル自治区フルンバイル市ハイラルにて8/20(日)〜25(金)の日程で開催されます。

日本チームの本隊総勢22名は、18日深夜にハイラルに入りました。

IMG_5205.JPG

19日は早速、午前中からトレーニングです。

実は、今回の大会、事前情報がほとんどもなく(Bulletinもおおざっぱな要項的なもののみしか発行されず)、テラインの状況なども全く手探りの状態でした。
そういう意味では、最初のトレーニングから全くの未知との遭遇です。
楽しみでもあり、怖くもありでしたが・・・


IMG_5224.JPG

IMG_5229.JPG

IMG_5255.jpg


結果は、意外にも良テラインに良地図!

縮尺1:4000、等高線間隔2mのスプリント仕様でしたが、モンゴルらしい草原や走行可能度の良い森、そこそこ複雑な地形もあるなど、なかなか楽しいオリエンテーリングができました。地図の精度も悪くない感じです。

選手たちも「楽しい!」「草原が気持ち良かった」といった、ポジティブな感想を口々に話していました。

IMG_5253.JPG

ちなみに、森の中でもまあまあ気温は高く、結構汗をかきました。猛暑の日本よりはマシですが、涼しい環境を想定していたので、これは意外でした。

一方、やや心配していた生活環境も、ホテル、食事等、かなり快適な生活を送れています。

IMG_5274.JPG

でも、ようやく手に入ったBulletin2によると、突然スケジュールが、初日スプリントリレーの予定が、スプリントに変更になっていたりと、そこは中国、まだまだ予断を許しません。

明日は、午前はミドルのトレーニング、午後は大会スケジュールが始まり、モデルイベントがあり、明後日の午前には、最初の種目スプリントがあります。

これから順次、現地情報をお知らせしていきますので、応援よろしくお願いいたします。

また情報はTwitterでも提供していきますので、こちらもフォローお願いします。
@AsjyocJapan


第2回アジアジュニア・ユース選手権大会が始まります

 2017年8月20日から,中国・内モンゴル自治区・ハイラル市で,第2回アジアジュニア・ユース選手権大会が始まります.第1回大会では,複数の金メダルを獲得した大会です.今回も複数のメダルが期待できます.

IMG_1071.JPG

8月18日,羽田空港国際線ターミナルでの出発前の様子です.

WMTBOC2017 8月19日からリトアニアで開催されます。

MTBO日本代表チーム、加納です。
今年の世界選手権大会は、8月19日から27日まで、リトアニアのVilniusで開催されます。
チームメンバーは8月12日以降、順次現地へ移動、直前トレキャンを経て大会参加の予定です。
大会の様子などは、JOAの日本代表ブログ、各自のFBなどでも発信していきますので、応援よろしくお願いします。
http://www.mtbo.lt/

ロング、リレーの結果と総括

オフィシャル、U-20ヘッドコーチの石澤です。
もう2週間ほど前に全日程が終了していますが、JWOCの日本代表チームを応援いただきありがとうございました。途中からエラーで更新できなくなっていた当ブログですが、
以下にあらためてロングとリレーの結果を報告したいと思います。

JWOCロング

男子 10.7km(出走169名)
1 Olli Ojanaho(FIN) 1:05:11
2 Simon Imark (SWE) 1:05:54
3 Simon Hector (SWE) 1:06:07
----
93 稲森 剛 1:29:13
136 岩井 龍之介 1:41:06
137 新田見 優輝 1:41:13
151 森清 星也 1:52:46
158 椎名 晃丈 2:00:50
162 上野 康平 2:18:45

女子 7.6km (出走146名)
1 Simona Aebersold(SUI) 56:03
2 Veera Klemettinen(FIN) 59:17
3 Sofie Bachmann(FIN) 1:02:52
----
117 宮本 和奏 1:34:10
131 増澤 すず 1:47:12
134 河村 優花 1:52:05
137 稲垣 秀奈美 2:02:30
138 高橋 ひなの 2:05:29
140 小竹 佳穂 2:16:21

 なんと男女ともミドル、スプリントとの3冠制覇が達成されました。男子のOlli Ojanaho選手は2年ぶり2度目のJWOCロング優勝でもあります。3位のSimon Hector選手は2年前が準優勝で、昨年は4位、こちらもロング種目の実力者です。
 接戦だった男子と比べ、女子はSimona Aebersold選手が2位に3分、3位とは6分以上の差をつけて圧勝。この選手、来年のJWOCにも出場権があり、2年連続の3冠という快挙が見られるかもしれません。
 日本チームは男子エースの稲森が90分を切って2桁順位となる快走を見せました。本人にとっても大きなミスがない、かなりいいレースができたようです。岩井、新田見も100分ほどにまとめており、北欧の難しいテレインながら健闘を見せました。女子では宮本が100分を切り、もう少しで2桁順位とレースをまとめました。大学2年生の増澤、河村の2人は2時間を切り、3年生の2人も2時間ほどと、フィンランドのテレインとしてはよく対応してくれたと思います。稲垣は足首を痛めていたのに、頑張りました。

JWOCリレー

男子 5.6+5.6+5.6km (出走61チーム)
1 Norway 1:28:23 (29:24+29:12+29:46)
2 Finland 1:29:58 (29:26+31:31+28:59
3 Russian Federation 1:30:29 (30:01+30:10+30:17)
----
44 新田見-岩井-稲森 2:04:21 (43:39+40:38+39:45)
55 森清-上野-椎名 2:32:12 (39:22+1:03:07+49:42)

女子 4.9+4.9+4.9km (出走47チーム)
1 Sweden 1:34:15 (32:00+33:03+29:12)
2 Switzerland 1:36:00 (32:10+33:34:30:15)
3 Norway 1:39:21 (30:03+33:42+35:35)
----
39 増澤-河村-宮本 (52:03+1:14:21+50:23)
- 稲垣-高橋-小竹 (55:20+57:58+Time over)

 男女とも個人4冠のかかっていた選手がアンカーのフィンランド、スイスが惜しくも2位となり、男子はノルウェー、女子はスウェーデンが意地を見せました。トップ選手のkmあたりタイムが男子は5分前半、女子でも6分前半という高速レースでしたが、日本チームは男女とも第1走者が流れに乗れなかった上にフィジカル面でも及ばず、最終種目は悔しい結果となりました。4チーム中、リレーをつなぐことができたのは男子の1チームだけで、残り3チームは周回遅れの一斉スタートでした。高速レースの練習ができていなかったことや、最終種目で疲れが出たことなどが敗因と考えています。

 以上がJWOC2017の結果報告です。繰り返しとなりますが、応援いただきありがとうございました。全日程を終えて、選手たちの口から多く出ていたのは、海外選手と比べてフィジカルが劣ることを痛感した、ということでした。ただでさえ、北欧など海外テレインに対応する、技術的な練習が難しい日本チームですから、せめてフィジカル面では互角以上でないと勝負になりません。現実には、日本チームで一番フィジカルが強い選手であっても、海外の中堅国選手の平均レベルより劣っています。いつか、もっと鍛えて海外に再挑戦したい、という選手もいました。彼ら、彼女らの今後に期待したいと思います。
一方で、フィンランドという日本では練習の難しいテレインでのJWOCでしたが、選手たちは国内合宿やトレキャンでの練習成果を発揮して、技術的には本当によく対応できていたと思います。順位的に目覚ましいものはありませんでしたが、完全にレースが壊れるようなことが少なく、手持ちの技術でよく戦ってくれたと考えています。このような成果は選手たちの努力によるものですが、たとえ北欧のテレインであっても、練習方法の工夫やトレキャンのやり方次第では、コースに対応できるようになるということが示されたようにも考えています。
 4年連続で出場し、近年は男子エースとして活躍を続けていた稲森は今年が最後のJWOCでした。一つ、大きな区切りを迎えたように感じています。この4年間で彼が残してくれたものを、今年高校生ながら大活躍を見せた森清らに受け継がせ、日本チームとして少しずつ、さらに上を目指していければと思っています。今後もU-20日本代表をどうかよろしくお願いします。まずは、8/20より始まる第2回アジア・ユース選手権大会にご期待ください。

Image_1f08791.jpg

PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11