top-image

ミドル決勝結果

オフィシャルの守屋です。

皆様、応援ありがとうございました。

ミドル決勝の結果です。

女子A決勝
1 Simona Aebersold Switzerland 23:15
2 Linnea Golsater Sweden 24:29
3 Veera Klemettinen Finland 25:03

女子C決勝
1 Justyna Kostrzewska Poland 26:11
2 Tyra Christopherson United States 27:35
3 Sandrine Defraigne Belgium 28:19
4 増澤 すず  28:39
----
7 宮本 和奏  29:55
13 稲垣 秀奈美  36:00
22 高橋 ひなの 42:04
26 河村 優花  48:27
27 小竹 佳穂  53:12

男子A決勝
1 Olli Ojanaho Finland 23:47
2 Audun Heimdal Norway 25:08
3 Simon Imark Sweden 25:50

男子B決勝
1 Nick Smith New Zealand 23:35
2 Nick Gebert Switzerland 23:55
3 Jesper Svensk Sweden 24:26
----
41 稲森 剛 30:19
50 岩井 龍之介  39:07

男子C決勝
1 Richard Gremmel Austria 22:12
2 Toby Wilson Australia 23:26
3 Jarrah Day Australia 23:40
----
12 森清 星也  26:14
33 新田見 優輝 32:10
37 上野 康平 34:29
40 椎名 晃丈  39:19

選手から今日のレースのコメントをいただきました。

増澤すず
20170711suzu.jpg
増澤です。 昨日は、ミスを連発してしまい、納得のいくレースができなかったのですが、今日は切り替えて楽しく走れました。 明日もこの調子で頑張ります。


岩井龍之介

20170711ryunosuke.jpg

岩井です。

昨日はミスをしないことを最優先にして走りました。結果、B決勝通過はできましたが最下位だったので、この機会にチャレンジしたいと思って自分のトップスピードを出せるようにレースをすることにしました。


レース内容はロスをしてしまいましたが、上手くいったレッグは30位と良いタイムで行けたので、最終的な結果は良くなかったけれど自分のスピードは世界でも通用するんだな、という手応えを感じました。


レッグ中の部分はラフにスピードを出しても迷わず行けたので、レッグ中は今日のようにトップスピードを出すことを意識して、アタック周りでは昨日みたいに慎重にいくことを意識して走れたらと思っています。


高橋ひなの

20170711hinano.jpg

高橋です。

一つのレッグで大きくミスをしてしまい悔いの残る結果となりました。まだフォレストの競技が2日間あるので、今日の反省を生かして少しでも良い結果を残したいと思います。


----


ミドル決勝を終えて明日はスプリント競技が控えています。
選手たちは当日のテレインをくまなく予習し、予想コースなどを組んでいました。
明日は市街地でのスプリントで、精巧な読図力が試されるレースが予想されます。

JWOCスプリントスタート時刻(日本時間)です。

16:38 稲垣 秀奈美
16:40 小竹 佳穂
17:00 岩井 龍之介
17:11 森清 星也
17:25 河村 優花
17:28 椎名 晃丈
17:33 増澤 すず
17:34 新田見 優輝
18:04 高橋 ひなの
18:07 宮本 和奏
18:25 稲森 剛
18:29 上野 康平

引き続き応援をよろしくお願いいたします!

WTOC2017 TempO予選

TempO予選の結果です。
予選は5ステーション各5課題、解答時間+ミス数×30秒で点数を与え、各ヒートで点数の低い上位18位までが決勝進出となります。

Heat Red
1. Pavol Bukovác (Slovakien) 246.5点
8. Kentaro Iwata 313.5点
36. Haruo Kimura 567点
Heat Green
1. Antti Rusanen (Finland) 193.5点
23. Masayuki Tashiro 482点
24. Tatsuyoshi Koizumi 488.5点

これより、岩田選手が決勝進出となりました。
岩田選手は17時40分(日本時間で23時40分)からスタートします。
ライブリザルト http://preoresultat.se
(文責 大西)

WTOC2017開幕

トレイルO日本代表チームです。
チームは数日前から現地入りし、ラトビアにてプレ大会へ参加して各々調整を進めていました。
本日、WTOC2017(世界トレイルオリエンテーリング選手権)がリトアニアのビルシュトナスにて開幕します。
以下の概要にて、皆様の応援よろしくお願い致します!

公式web http://wtoc2017.lt
7/11 TempO  岩田健太郎, 小泉辰喜, 田代雅之, 木村治雄
7/13 PreO day1 オープンクラス 岩田健太郎, 小泉辰喜, 荒井正敏
        パラリンピッククラス 高栁宣幸
7/14 Relay   現地成績により決定
7/15 PreO day2 day1に同じ

また、本日はTempOのモデルイベントも開催されました。
ビルシュトナスの街中、緑の美しい公園テレインにて、選手たちは3ステーションのTempOに挑戦。ステーションでの手順や地図表現、出題傾向を入念に確認しました。
本日の反省を活かし、明日の本番での予選通過・上位進出を目指します。

各選手の出走時刻とコメントを以下に掲載します。

Heat Red
9:22 岩田健太郎
10:04 木村治雄
Heat Green
9:06 小泉辰喜
9:42 田代雅之

岩田選手 予選独特の緊張感を楽しみつつ、落ち着いて正解を導き、去年に続き予選突破を目指します。
小泉選手 予選は細かいミスをしないよう、落ち着いて望みたいと思います。
田代選手 前回の挑戦から8年も経ってしまいました。ようやくこの場に帰って来れて本当に嬉しいです。明日は世界の猛者どもに8年分の思いをぶつけてきます。
木村選手 事前状況からすると予選通過はなかなか難しそうですが、思い切った手順で勝負を掛けたいと思います。

正解図をもとに地図表現を観察する選手たち
IMG_20170710_142401.jpg

重ねてになりますが、皆様のご声援よろしくお願い致します。
(文責 大西)

ミドル予選の反省とミドル本戦のスタート時刻

オフィシャルの守屋です。
先ほど今日の反省をして明日の流れの確認をしました。

稲森選手のチームへのフィードバック
「結構立ち止まって地図を読んだほうがよい。立ち止まって地図を読んでミスをしないほうが良い。」
「細かい地形に入った時に意識してペースを下げる。明日は全体的にペースを落として走らなければいけない区間が増えるだろう。」
とのことです。
速く前に進みたい気持ちをコントロールして「止まる勇気」も必要になり、地形の細かなエリアで走ることが予想されており、今日以上にストレスのかかるコースが待ち受けていることと思います。

_____


選手から今日のレースのコメントをいただきました。

上野康平
20170710kohei.png

上野です。

スタートする時は緊張しましたが、走っている時は気楽にレースができました。
ただ守りすぎた走りをしてしまい、大ミスはしなかったけれど出しきれなかったので、明日は全力を出し切れるように頑張ります。

椎名晃丈
20170710akihiro.png

椎名です。

今日のミドル予選は、コンパスを確認する回数を増やし、遠くを見るようにしたので、大きなミスなく走ることができました。しかし、技術的に簡単な場所で足元を気にしてペースが遅くなることがあったので、明日以降は意識的にペースを上げるようにしたいと思います。

宮本和奏
20170710wakana.jpg
宮本です。 スタートする前に、難しいなら堅実に行こう、と思って行ったので、大きなミスはありませんでしたが、4番5番あたりまで慎重に行きすぎてしまい、そこでコースが簡単なことに気付きました。

ミスなくプラン通りに行けた点は良かったです。明日はもっと速く走れるように頑張ります。

5→6で、直進を当てたかったとのことですが、隣接コントロールを「違うよな?」という確信を持ちつつも確認のために2つ見に行ってしまったそうです。


今日は「堅実に行きすぎた」との声が多くありましたが、自分らしくレースをまとめて帰ってこれるよう、選手を送り出したいと思います。
__

7/11 ミドル決勝スタート時刻(日本時間)です。

18:03 岩井(京都2)GPS
18:06 高橋(東北3)
18:09 稲垣(千葉3)
18:11 河村(名古屋2)
18:12 新田見(東京3)
18:15 椎名(東京1)
18:15 小竹(筑波2)
18:17 増澤(筑波2)
18:19 宮本(筑波1)
18:24 上野(東工3)
18:28 森清(東海高1)
18:37 稲森(横国3)GPS


GPSの装着はA決勝B決勝の選手が対象のため、日本チームは稲森選手、岩井選手のトラッキングが観戦できます。
皆様引き続き、応援よろしくお願いいたします!

稲森、岩井がB決勝進出:ミドル予選結果

オフィシャルの守屋です。

今日はミドル競技の予選でした。

詳細なリザルトはこちらから
http://www.jwoc2017.fi/result-service

20170710hinano.JPG

高橋ひなの選手

以下結果です。

女子予選1
1位 Veera Klemettinen(FIN) 23:31
47位 河村優花(日本) 44:26
49位 高橋ひなの(日本) 46:16

女子予選2
1位 Simona Aebersold(SUI) 23:32
45位 増澤すず(日本) 57:19
46位 小竹佳穂(日本) 59:00

女子予選3
1位 Sofie Bachmann(SUI) 24:43
45位 宮本和奏(日本) 40:37
48位 稲垣秀奈美(日本) 50:40

男子予選1
1位 Olli Ojanaho(FIN) 21:18
28位 稲森剛(日本) 28:44
54位 椎名晃丈(日本)46:03

男子予選2
1位 Simon Imark(SWE) 24:01
51位 上野康平 37:42
56位 新田見優輝 47:20

男子予選3
1位 Akseli Ruohola / Mathieu Perrin 23:04
40位 岩井龍之介(日本) 33:44
50位 森清星也(日本) 57:50

(JOAツイッターより引用しました。https://twitter.com/jorienteering)

稲森選手、岩井選手がB決勝進出を果たしました。

稲森選手は去年からフィンランドにてトレーニングを行なっており、イメージ通りのレースができたようでした。
明日のB決勝の結果にも期待がかかりますが、個人的には、一番に稲森選手自身がレースを楽しめるよう応援しています。

岩井選手は6日間のトレーニングキャンプの成果が出たようで、簡単なコースだったと言っていました。

ほかの選手も、「直進が外れなかった」「上手く行くところもあって楽しかった」「悔しいから明日こそ良いレースがしたい」と前向きに、宿舎に帰ってからも今日の地図を読み込んでレースの反省をしたりなどしている選手も見られます。


___


今日は私はフィニッシュ近くにいましたが、フィンランドのテレインで自分のレースをして帰って来る選手一人一人に、ひたむきさとオリンテーリングを楽しんでいる姿が見受けられました。
明日も選手全員がリラックスして自分のレースができるよう、気持ちを明日に向けていきたいところです。

皆様、日本からの応援ありがとうございました。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

JWOC開幕しました

オフィシャルの守屋です。
今日はJWOCの開会式がタンペレの遊園地にて行われました。

jwoc2017.jpg

いよいよ開幕ということで、選手にJWOCに向けて一言ずつコメントをいただきました。

稲垣選手
全部のコースをしっかり完走したいと思います!

河村選手
全種目ペナ回避

小竹選手
全種目完走、直進は確実に当てる!悔いの残らないよう全力で挑みます!

高橋選手
全種目時間内の完走を目標に、確実なナヴィゲーションを心掛け走り切ろうと思います。応援よろしくお願い致します。

増澤選手
全レース集中して走りきることが目標です。最後まで諦めずに頑張ります!

宮本選手
特にミドルを頑張ろうと思っているので、初日から堅実なレースをしたいと思います。飛ばないように頑張って帰ってきます!

稲森選手
最後のJWOC、最後の最後まで諦めず、全力の走りをします。ミドルで最高の結果を残したいです!

岩井選手
自分のオリエンテーリングを世界にぶつけてきます。

上野選手
いよいよ開幕しました。終わった後に後悔しないようなレースができるよう頑張ります。

椎名選手
トレキャンで学んだことを生かして、頭を使って走りたいと思います。

新田見選手
時差の補助があったからかフィンランドでは早起きが出来ています。風邪をひくと思っていましたが、おかげでまだ元気です。リレーまで元気なままレースを楽しんでいこうと思います。明日は日本人トップスタートです。気合入れていきます。

森清選手
日本やフィンランドで培ってきた物を信じて、気持ちの面でも周りに負けず、自分のオリエンテーリングをします。

___


選手全員にGPSが装着されるので、大会HPから観戦できることを期待しています。

明日はミドル予選、選手のスタート時刻(日本時間) です。
15:08 新田見(東京3)
15:22 河村(名古屋2)
15:23 増澤(筑波2)
15:40 椎名(東大1)
15:57 稲垣(千葉3)
15:58 高橋(東北3)
16:00 岩井(京都2)
16:48 宮本(筑波1)
16:53 上野(東工3)
17:11 小竹(筑波2)
17:33 森清(東海高1)
17:40 稲森(横国3)

皆様、応援よろしくお願いいたします。

ミドルモデルイベント選手の感想

こんにちは、オフィシャルの守屋です。
ミドルモデルイベント選手の感想をいただきました。

増澤すず

masuzawa.jpg

増澤です。

ミドルのモデルイベントで初めて大きなミスなくコースをまわれたので、本番も落ち着いてレースをします。
そして明日の開会式の会場が遊園地らしく、とても楽しみです(^^)/

上野康平

ueno.jpg

上野です。
選手村に移動して来ました。部屋は刑務所みたいですが、すぐ近くに湖があってとても癒されます。水も食事も美味しくてもう最高です。
そのあとはミドルのモデルイベントに行きました。トレキャンと違って地図精度がとてもよくてサイコーです。
椎名晃丈

shiina.jpg

椎名です。

土曜日はミドル、日曜日はスプリントのモデルイベントに行きました。本番と同じ基準で描かれた地図を使って走ったのですが、自分の感覚と地形が合うようになりました。本番はオリエンテーリング自体を楽しむこともできそうです。

本戦期間に入って宿を移動しましたが、湖のそばにあり、景色が絵葉書のようです。

一昨年のアジアユースや、去年のJWOCで話をした、エストニアやカナダの選手もいました。しかし僕のことは覚えていないようです。悲しいです。
----
今後は連戦が続くので、選手が毎レース少しでも疲労なく、リラックスして臨めるよう、一つ一つのレースのケアをしていきたいと思っています。

トレキャン最終日、ミドル モデルイベント

こんにちは、オフィシャルの守屋です。
昨日は環境の不具合により更新できませんでした。
トレキャン6日目(7月7日)の記録です。

この日は午前も午後もフォレストで練習をしました。
特にロングの近接テレインのRÄÄKKYKANGASでは見通しが良く、爽快だったという声も聞くことができ、楽しい練習ができた選手もいたようでした。


稲垣秀奈美

20170707honami.jpg

20170707homnami2.jpg

稲垣です。
今日は最後のトレキャンでした。
まだこちらのテレインに対応しきれていないところもありますが、自分の持っている力を精一杯振り絞ってきたいと思います!

高橋ひなの
20170707hinano.jpg
20170707hinano2.jpg

高橋です。
今日はトレキャン4日目で最終日でした。
フィンランドのテレインは日本とは全然違っていますが、自分はどんな特徴物がナヴィゲーションに使えるのか、どんなルートを選んだら確実なのか、大体は掴めたように思います。

本番まで体調管理をしっかりし、万全の状態で臨めるようしっかり準備したいです。

稲森剛
20170707go2.jpg
20170707go.jpg

稲森です。
今日は午前も午後も森へ行きました。午後に入ったテレインはロングとリレーの近接テレインだったのですが、いい感じに走れたので本番が楽しみです。

そこそこ疲れているので、あと二日は疲れを抜きつつ旧図を読んだり体をほぐしたり、出来ることをやって、万全の状態でミドル予選に挑みたいと思います。

______


7月8日

今日は本戦の宿であるMurikkaに移動しました。

荷物が多くレンタカーに人が乗りきらないので、バスと車に別れての移動でしたが無事たどり着くことができました。
宿舎は湖畔に位置しており、宿舎を出て徒歩間も無く、ナシ湖の雄大な景色が広がります。


また午後はミドルのモデルイベントにも行きましたが、選手の声を聞くと地図の精度も高く、地形がわかりやすく表記されている、とのことでした。

20170708maps.jpg

稲森選手はこのコースで18分半ほどのタイムでした。ミドル予選に注目です!

食後は特徴物やテレインの傾向を共有し、スタートのオーダーを提出しました。

(各選手のコメントは明日更新する予定です。)

明日はいよいよJWOC開幕、オープニングセレモニーへ参加してスプリントのモデルイベントを予定しています。

PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11