WOC2011の尾上賞について

2011.10.05
JOA 強化委員長 鹿島田 浩二
WOC2011 ヘッドコーチ 吉田 勉

WOC2011より

男子:柳下 大・松澤 俊行
女子:該当者なし

選出理由:

男子について、柳下は個人戦での安定感、松澤はリレーにおいてチーム成績をまとめたパフォーマンスを評価しました。

女子について、皆川はもっとも予選通過に近かったですが、実力と結果の関係から選外としました。各選手個々について、それぞれ評価できるパフォーマンスはありましたが、突出した 成績としてMVP評価はできません でした。

WOC選手への尾上賞について

過去に、選手の育成等において多岐にわたり活躍された前強化委員、前JOA事務局長の尾上様より、今年度を含む今後3年間のWOC選手への報奨金の申し出を頂きました。

選手の皆さんの結果につながる動機付けの一つとしてありがたくお受けすることとしました。報奨金の支給規程は以下の通りです。

【報奨金出資者】

尾上 秀雄 様

【期間】

WOC2011より3年間(延長の可能性あり)

【報奨金の内容】

  1. WOCにて予選通過した選手  4万円/人
  2. 決勝30位以内 +4万円/人
    決勝25位以内 +8万円/人
  3. 上記、該当者がいない場合 MVPを男女別に各1名決定し4万円/人

注記)

  • 同一選手が1か2を複数回達成した場合は、良い方の成績のみによる(同一年では複数回カウントしない)
  • 男子のみ予選通過、女子のみ予選通過がいた場合は、予選通過者がいなかった方のみMVPを決定の上、3を適用する。
  • MVPについては2名以上を選定し、総額4万円を分割してもよい。あるいは該当なしの場合もある。
  • MVPは現地同行コーチがリレーを含めた最終種目終了後にチームの貢献度を勘案して決定する。

【報奨金の支給方法】

現金振り込み

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

2017