強化委員会の「選手育成」を目的とした寄附のお願い

2013.03.20

私たち強化委員会では、フットO日本代表の活動をより強化するため、JOAの寄附金制度を通じて、広く皆さまからのご協力をお願いすることとしました。

参考:寄附金 - 日本オリエンテーリング協会

■⽇本代表選⼿の活動へのご協⼒を

私たち強化委員会は、フットOの⽇本代表選⼿が世界で活躍することを目指して、年間を通じた選⼿強化活動及び、国際大会への選⼿派遣活動を⾏っています。

2013年の国際大会に向けては、吉⽥勉ヘッドコーチ、⽯澤俊崇ジュニアコーチを中⼼として、年間を通じた計画的な指導の元、各地で多数の合宿開催を⾏い選⼿強化活動を実施しています。また、昨今の⾼校⽣大学⽣若⼿選⼿の成⻑もあり、ジュニアとシニアの枠を超えた⼀貫した強化に取り組んでいます。

しかし、JOAの財政難もあり、国内での活動は100%自⼰資⾦で賄っているのが現状です。具体的には選⼿の自⼰負担と、多くの熱意あるコーチ、スタッフのボランティア活動により⽀えられていますが、資⾦難が活動を継続的に実施する上での課題となっています。

そこで、フットO⽇本代表の世界での活躍という目標を共有し、活動に賛同頂ける皆さまから、寄附⾦という形でご協⼒を募ることといたしました。JOAの新しい寄附⾦制度を利用し、以下の通り募集しますので、是非ご協⼒お願いします。

■世界の舞台に上がることを目指して

目標は、強化委員会が5年計画で目標とする、以下の成績を達成するための活動⽀援として利用します。

  • ① WOC・JWOC スプリントトップ⽐110%(出場選⼿全員)
  • ② WOC・JWOC フォレストトップ⽐120%(出場選⼿全員)
  • ③ AsOC表彰台
  • ④ ワールドランキング100位以内を3⼈以上

■数多くの活動を⾏います

  • ①WOC遠征(7⽉フィンランド) 遠征経費 約400万円
  • ②JWOC遠征(7⽉チェコ) 遠征総経費 約250万円
  • ③強化合宿(計11回程度) 総経費 約200万円
  • ④選考会開催(4⽉20〜21⽇) 総経費 約50万円
  • ⑤その他の活動 VOmax 測定、⽇常のコーチング活動等

■寄附⾦は選⼿、コーチの活動に

頂いた寄附⾦は、以下の用途に利用します。目標額は50万円(JOA事務経費10%を含む)です。

  • ①年間を通じたコーチング活動における費用
  • ②世界選⼿権、ジュニア世界選⼿権の渡航に関わる選⼿団遠征経費
※①、②は概ね50%、50%とします。

■寄附⽅法

  • 個⼈の場合 1⼝5000円から(代表者を決めたグループでも可能です)
  • 企業・団体の場合  1⼝10000円から

申し込み⽅法は・・・、

JOA の寄附⾦制度を通じて申し込み頂きます。

  • ① 「寄附⾦申込書」に記⼊ください。
    *その際、「寄付⾦の使途」の空欄に「フットO 強化育成」と記⼊し、寄付⾦額を記⼊ください。
  • ② 「寄附⾦申込書」FAX,郵送,E-mail いずれかでJOA 事務局に送付
  • ③ 銀⾏⼝座もしくは郵便振替にて寄附⾦を振込みください。
注記:代表選⼿及びコーチ、スタッフ本⼈の寄附はお受けできません。ご了解ください。

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

2017