第2回アジアジュニア・ユース選手権大会について(2017.05.02更新情報)

2017.05.02

2017.05.02の情報

AsJYOC規則がIOFにて改正され、ジュニア選手権はM/W20、ユース選手権はM/W18および M/W16となる。リレーもその3つの年齢別で実施される。各国それぞれのクラスに最大 5名エントリーすることが可能となる。M/W14クラスは中国協会とアジア連盟にて実施を 検討しているがIOFからは非認定となり、従いIOFからメダルは授与されない。 中国協会は、スプリント、ミドル、スプリントリレーの実施を申請したとのこと。 ※現在、改正されたルールについて入手できるようアジア連盟に依頼している。

---------------------------------------------------------------------------
The IOF rules committee had revised the AsJYOC competition rules and ruled that the official age class of Junior is M/W20, Youth classes includes M/W18 and 16. Relay competitions shall be offered to the three age classes separately. Each Federation can enter a maximum of 5 runners in each of the M/W age classes. About the 14 age classes, the organising Federation can still organise the function but that would not be an official IOF age class competition and IOF will not supply the prizes.
At this moment, I am still discussing with OAC about whether M/W 14 competition will be organised.
They applied for Sprint, Middle individual race and sprint relay.
----------------------------------------------------------------------------

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

2017