2019年世界選手権大会日本代表選手の辞退および追加選考について

2019.06.21
 2019年4月16日および4月19日に発表した2019年世界選手権大会(2019年8月、ノルウェー)の日本代表選手である結城克哉が、膝関節の手術を理由に代表選手を辞退しました。そこで、下記の選手を代表選手として追加選考します。

 小牧 弘季(筑波大学)

 今回の追加選考にあたっては、他の候補者(代表選考会の上位者など)にも追加選考を受諾するか確認しました。しかし、すでに2020年世界選手権大会(デンマーク)に向けた準備を始めており、そちらに集中したいなどの理由で辞退しています。また上記選手の選考理由としては、現 男子ジュニア日本選手権者であること、代表選考会後の開催ではあるが、2019年6月2日開催の東大OLK大会MEクラス2位などを評価しました。なお次年度以降は、補欠選手を決め、またその権利・義務を決めるなど、代表辞退に対する手続きを明確にします。


日本オリエンテーリング協会 強化委員会
E-mail:

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

2019