2020年国際大会の日本代表選考と全日本ミドルおよびロング(2019年10月13日~14日:滋賀)、全日本スプリント(2019年11月16日:福島)について

2019.09.18
 2020年に開催されるフットO国際大会(世界選手権、ジュニア世界選手権、アジア選手権)の代表選考については、この秋に開催される全日本ミドルおよびロング、全日本スプリントの成績を下記の通り重視します。
 国際大会に出場を希望する選手は、全日本各レースへのエントリーをお願いします。特に全日本ミドルおよびロングは、申し込み締め切り日が2019年9月23日と迫っていますのでご注意ください。

【1】世界選手権大会(WOC)
  • ・全日本スプリントM/WEクラス優勝者を代表選手として内定します(辞退の場合、次点者の繰り上げはしない)
  • ・全日本スプリントM/WEクラス優勝者を代表選手として内定します(辞退の場合、次点者の繰り上げはしない)
  • ・アジア選手権スプリント競技で日本人トップを代表選手として内定します(辞退の場合、次点者の繰り上げはしない)

 ※更なる具体的な選考方法を後日発表します。

【2】ジュニア世界選手権大会(JWOC)
 具体的な選考方法は今後発表いたしますが、全日本ミドルおよび全日本ロングの成績を重視します。JWOC日本代表を目指す選手は、全日本ミドルおよび全日本ロングに参加することが望ましい《推奨クラスはM/W20Eあるいは、M/W20AまたはM/W18A》

【3】アジア選手権大会(AsOC)
(1)M/W21E
  • ・全日本ミドルM/W21Eクラス優勝者を代表選手として内定します(辞退の場合、次点者の繰り上げはしない)
  • ・全日本ロングM/W21Eクラス優勝者を代表選手として内定します(辞退の場合、次点者の繰り上げはしない)
  • ・全日本スプリントM/WEクラス優勝者を代表選手として内定します(辞退の場合、次点者の繰り上げはしない)
(2)M/W20E
  • ・全日本ミドルM/W20Eクラスにおいて、2000年以降生まれで最も成績のよい者を代表選手として内定します(辞退の場合、次点者の繰り上げはしない)
  • ・全日本ロングM/W20Eクラスにおいて、2000年以降生まれで最も成績のよい者を代表選手として内定します(辞退の場合、次点者の繰り上げはしない)
※更なる具体的な選考方法は今後発表しますが、全日本ミドルおよび全日本ロングは参考レースとして重視します。AsOC M/W20E日本代表を目指す選手は、全日本ミドルおよび全日本ロングに参加することが望ましい《推奨クラスはM/W20EあるいはM/W20A》
(3)M/W18E
  • ・全日本ミドルM/W20Eクラスにおいて、2002年以降生まれで最も成績のよい者を代表選手として内定します(辞退の場合、次点者の繰り上げはしない)
  • ・全日本ロングM/W20Eクラスにおいて、2002年以降生まれで最も成績のよい者を代表選手として内定します(辞退の場合、次点者の繰り上げはしない)
※更なる具体的な選考方法は今後発表しますが、全日本ミドルおよび全日本ロングは参考レースとして重視します。AsOC M/W18E日本代表を目指す選手は、全日本ミドルおよび全日本ロングに参加することが望ましい《推奨クラスは、M/W20Eあるいは、M/W18AまたはM/W20A》
(4)M/W16E
 具体的な選考方法は今後発表するが、全日本ミドルおよび全日本ロングは参考レースとして重視します。AsOC M/W16E日本代表を目指す選手は、全日本ミドルおよび全日本ロングに参加することが望ましい《推奨クラスは、M/W15AあるいはM/W18A》


アジア選手権大会については、2020年2月頃に選考会の実施を検討していますが、Bulletinが発行された後に、選考会の実施を含め、更なる具体的な選考方法を発表します。

《参考:高校生選手の皆様へ》
 全日本ジュニア(9月22日:愛知)のM/WEクラスにおける上位3名には、全日本ミドルおよびロングのM/W20E出場資格が与えられます。
http://www.orienteering.or.jp/archives/2019/0701_post-142.php


公益社団法人 日本オリエンテーリング協会
強化委員会・ジュニア委員会
E-mail:

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

2019