2012年東日本大会中止にともなうエリート権の特例措置

2012年12月18日 11:33

 2012 年12 月2 日に予定されていた公認東日本オリエンテーリング大会がやむをえぬ事情により中止になりました。

 当大会にてエリートクラス出場権獲得を目指していた競技者に配慮し、特例措置を設けます。東日本大会にエントリーしていた者を対象に、JOA の会員(各都道府県協会)が相当の実力を有すると評価し、競技委員会宛てに推薦した者に対して、以下のようにエリートクラス出場資格を与えるものとします。

  1. 2012年度全日本大会(ロング・ディスタンス競技)のM/W21Eクラスに推薦出場ができる対象者
    • M/W21Eで、20位(10位)以内に相当する実力があったと認められる者
  2. 2012年度全日本大会(ロング・ディスタンス競技)のM/W20Eクラスに推薦出場ができる対象者
    • M/W20Aで、10位以内に相当する実力があったと認められる者
    • M/W18Aで、1位に相当する実力があったと認められる者
  3. 2013年度公認大会(全日本大会を除くカテゴリAおよびBの公認大会)のM/W21Eクラスに推薦出場ができる対象者
    • M/W21Aで、5位以内に相当する実力があったと認められる者
 各会員におかれましては、1月末日までにJOA事務局へ推薦する競技者を、推薦理由(実績など)とともに通知してください。選手の推薦にあたりましては、客観的に評価した上で行っていただきたく、ぜひともよろしくお願い申しあげます。

 なお、同日開催予定であった日本学生オリエンテーリング選手権大会(ロング・ディスタンス競技部門)につきましては、富士山こどもの国で開催された競技の成績をもって代替とし、所定の全日本大会エリートクラス出場資格を取得できるものとします。

以上

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

»2017