国際オリエンテーリング連盟、2020年東京五輪の追加種目へ申請完了

2015年6月12日 13:22

公益社団法人日本オリエンテーリング協会(JOA)は、国際オリエンテーリング連盟(IOF)が2020年東京オリンピック大会追加種目採用の申請を行ったことをここにお知らせします。


IOFが東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から開催都市提案による追加種目候補として33の国際競技団体のひとつに選定されたことを受け、JOAはIOFとの連携の元、東京五輪大会における競技実施計画を策定しました。

種目:ミドルオリエンテーリング(男女別個人戦)
    ミックススプリントリレー(男女混合団体戦)
場所:武蔵野の森公園、野川公園、武蔵野公園から利用予定

追加施設などを必要としないため環境にも優しく、財政的なメリットもある点と、若者に必要な自然へのチャレンジを中心としたスポーツであることをアピールいたしました。

オリエンテーリングは地図上に記載されたコントロールを順番通りに通過するタイムトライアルレースです。自然の中を駆け抜ける力はもちろんのこと、どのような経路を取るのかそのナビゲーション能力も要求されます。

1897年に北欧で初めての競技会が行われ、現在は世界80カ国がIOFの加盟団体となっています。日本ではJOAが日本オリンピック委員会(JOC)の承認団体、日本体育協会の加盟団体となり、オリエンテーリング競技を管轄しています。

オリエンテーリングは、体力と知力の両方が要求されるアドベンチャースポーツで、年齢層を問わず出来る生涯スポーツです。日本では、大学生に競技人口が多いのが特長です。

オリエンテーリングには4つの競技がありますが、そのうちのひとつスキーオリエンテーリングは2011年に冬季アジア大会にて実施され、2019年には冬季ユニバーシアードでの種目採用も決まっており、現在2022年の冬季オリンピック競技への種目採用のための活動を行っています。

このように、オリエンテーリングは夏と冬の両方のオリンピック種目の可能性がある、数少ない競技です。
JOAは今後もIOFと連携し、オリンピック種目採用に向けて、オリエンテーリング競技の国内における普及活動と選手強化活動に力を入れてまいります。

<関連情報>
International Orienteering Federation http://orienteering.org/
公益社団法人日本オリエンテーリング協会 http://www.orienteering.or.jp
オリエンテーリング競技(動画)https://www.youtube.com/watch?v=9ZmYCvMTmQI

【お問い合わせ先】
公益社団法人日本オリエンテーリング協会理事 大里真理子
電話:03-3467-4548 高村卓事務局長(岸記念体育会館内)
電話:03-5730-6133 大里真理子理事 (株式会社アークコミュニケーションズ内広報室)
e-mail: e-mail:

上記内容pdf版

国際オリエンテーリング連盟、2020年東京五輪の追加種目へ申請完了 (pdf:76KB)

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

»2017