2015年度世界選手権大会日本代表選手(ジュニア代表を含む)を選考

2015年6月19日 14:27

公益社団法人日本オリエンテーリング協会(JOA)は、3つのオリエンテーリング競技(フット、マウンテンバイク、トレイル)において、2015年度夏に開催される世界選手権大会の日本代表選手(ジュニア代表を含む)を選考しましたので、各競技の世界選手権大会の概略と日本代表選手についてご報告いたします。


オリエンテーリングとは
オリエンテーリングは地図上に記載されたコントロールを順番通りに通過するタイムトライアルレースです。自然の中を駆け抜ける力はもちろんのこと、どのような経路を取るのかそのナビゲーション能力も要求されます。

フットオリエンテーリング世界選手権大会
2020年東京オリンピック追加競技候補26の一つに入ったフットオリエンテーリングの世界選手権大会は2015年8月1日からイギリスにて開催されます。 2014年9月のアジア選手権大会で4つのメダルを獲得した全日本チャンピオンの尾崎弘和選手。5月に現地で合宿を行うなど準備万端、30位以内を目指しています。 出産後1年3カ月で全日本大会を制した皆川美紀子選手は、決勝へ進出し自己最高位34位の更新を狙います。

フットオリエンテーリング ジュニア世界選手権大会
フットオリエンテーリングのジュニア世界選手権大会は2015年7月4日からノルウェーで開催されます。
女子は世界選手権大会の経験者、男子は今回初代表が主となるチーム編成になりましたが、男女ともこれまでの最高順位更新が期待されています。

マウンテンバイクオリエンテーリング 世界選手権大会
マウンテンバイクオリエンテーリングの世界選手権大会は2015年8月15日からチェコにて開催されます。
今回の注目選手は女子2名。加納尚子選手は2015年6月にポルトガルで開催されたワールドカップで、自己最高位27位を獲得しました。強い登坂力をもち、世界選手権大会では10位台が視野に入りました。2014年のジュニア世界選手権大会で10位だった川島実紗選手は、ワールドカップでの好調から、日本人初となる入賞を目指しています。

トレイルオリエンテーリング世界選手権大会
トレイルオリエンテーリングは、障害者と健常者が同じ条件で競える競技として近年注目を浴びています。世界選手権大会は2015年6月23日からクロアチアにて開催されます。日本はこれまでコンスタントに成績を残しており、2005年、2009年に続くメダルの獲得を狙います。

■スキーオリエンテーリング(冬季競技)について
2019年にユニバーシアードでの種目採用が決まったスキーオリエンテーリングは、2015年12月に、2016年第一回世界学生選手権大会の代表を選考する予定です。

日本代表選手一覧は別紙(下段pdf)をご参照ください。

世界選手権大会はインターネットによるライブ中継もございますので、是非皆様ご注目くださいますようお願い申し上げます。

<関連情報>
International Orienteering Federation http://orienteering.org/
公益社団法人日本オリエンテーリング協会 http://www.orienteering.or.jp
オリエンテーリング競技(動画)https://www.youtube.com/watch?v=9ZmYCvMTmQI

【お問い合わせ先】
公益社団法人日本オリエンテーリング協会理事 大里真理子
電話:03-3467-4548 高村卓事務局長(岸記念体育会館内)
電話:03-5730-6133 大里真理子理事 (株式会社アークコミュニケーションズ内広報室)
e-mail:

上記内容pdf版

2015年度世界選手権大会日本代表選手(ジュニア代表を含む)を選考 (pdf:72KB)

代表選手一覧

代表選手一覧 (pdf:120KB)

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

»2017