全日本オリエンテーリング大会プロデューサ募集について

2016年3月28日 09:06

全日本オリエンテーリング大会を継続開催するために、全日本大会の開催を複数年のビジョンをもって推進するプロデューサを募集します。

資格

法人または個人

人数

1名

公募期間

平成28年4月1日から4月15日

応募先

電子メールで連絡する

(木村佳司)

応募内容

  • 会社名(個人の場合は不要)
  • 氏名
  • 連絡先のメールアドレス
  • 連絡先の電話番号
  • 連絡先の郵便番号と住所
  • 募集にあたってのコメント
  • 複数年のビジョンを示す資料(A4用紙1枚程度)

選考方法

全日本大会委員会メンバーの合議をもって選定します。選考前に全日本大会委員会によるヒアリングを行います。

就任と解任

全日本大会委員会により指名されて就任します。 任期の途中であっても全日本大会委員会の判断で解任されることがあります。

任期

平成28年(2016年)5月1日から平成30年(2018年)3月まで
任期満了の時点で、全日本大会委員会が、後任が必要と判断した場合は、その時点で後任の募集を行います。

内容

全日本大会プロデューサ
全日本大会委員会が2016年以降の全日本オリエンテーリング大会を推進してゆくことになります。委員会の意図を受けてこの業務を推進していただきます。

報酬

無償
全日本大会委員会には予算がありません。 無償でも全日本大会のプロデューサを行いたいという使命感あふれる者を期待しています。

(募集要項以上)

(以下説明)

全日本オリエンテーリング大会実行委員会

平成28年(2016年)2月7日の理事会において、全日本オリエンテーリング大会実行委員会をJOAの常設委員会として設立することが決定されました。メンバーは以下の通りです。
委員長:木村佳司
委員:中村 憲、丸藤 純、高橋 厚
これは同理事会で報告された、「全日本オリエンテーリング大会を考えるワーキンググループ2015」の答申に基づくものです。2016年以降に開催される全日本オリエンテーリング大会以降はこの委員会により推進されることになります。

全日本大会を継続的に開催するために

2016年3月20日に愛知県で開催された全日本大会は素晴らしいものでした。さすがオリエンテーリングの盛んな愛知県です。しかしこの素晴らしい運営環境を揃えることができるのはもはや愛知県しかない状況といっていいでしょう。現在のシステムでは他の地域で開催することは難しくなっています。
設立された常設の全日本大会委員会では、ワーキンググループの答申を尊重しながら、新しい全日本大会のありかたを模索し実現してゆきます。
そこで全日本大会委員会の管理下で、全日本大会を継続開催するための複数年ビジョンを持って、全日本大会開催を推進するプロデューサを指名します。

目指す全日本大会の姿

  • 全日本大会を行うことで、日本のオリエンテーリングが活性化する状態を作ること。
  • 大会が独立採算で成立すること。
  • 興業的にも成功し、多くの地区から誘致合戦が起こるくらいに魅力ある事業となること。

上記の姿を目指して、全日本大会プロデューサをつとめてみたいと思う方のご応募をお待ちしています。

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

»2017