第32回インターハイにおけるエリート権の特例措置

2018年6月18日 17:22

平成30年(2018年)8月25日~26日に開催予定の第32回インターハイの個人戦で全日本大会ジュニア選手権クラスの出場資格に関して以下の特例を設けます。

1. 高校生男子最上位クラス(ME)で上位3位以内の者に、平成30年度全日本大会(ロングおよびミドル)のM20Eクラス出場資格を与える。

2. 高校生女子最上位クラス(WE)で上位3位以内の者に、平成30年度全日本大会(ロングおよびミドル)のW20Eクラス出場資格を与える。


全日本高等学校 ・中学校オリエンテーグ選手権(インターハイ)は、平成28年(2016年)からJOAが後援する競技会となりました。
それに伴い、JOAが取り組む高校生・中学生におけるオリエンテーリングの普及および競技力の向上の一環として、同年の第30回インターハイ以降、個人戦の上位選手にジュニア日本選手権の出場資格を付与するという特例を設けることとしました。 平成30年8月25日・26日に開催予定の第32回インターハイの個人戦でも同様の特例を設けます。

本年度の全日本大会の開催予定
ミドル  平成30年10月28日 静岡県
ロング  現時点で開催未定

今回の特例の対象となるのは、平成30年度(4月1日~3月31日)末時点において16歳以上20歳未満の者とします。
来年度の全日本ミドル大会の出場の際に、公認大会エリートクラス出場資格規則2.2項 M/W20E (3) は適用されません。

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

»2018