JOAについて

名称・目的

名称:

公益社団法人日本オリエンテーリング協会
[英語名:Japan Orienteering Association (略称JOA)]

目的:

この法人は、わが国におけるオリエンテーリングを統括し、代表する団体として、オリエンテーリングの普及及び振興を図り、もってアウトドアスポーツの健全な発展に貢献するとともに、国民の心身の健全な発達に寄与することを目的とする。

設立:

協会設立平成2年7月
社団法人認可平成3年4月26日
公益認定平成24年6月4日

主たる事業

  1. オリエンテーリングの普及及び指導に関する事業
  2. オリエンテーリング競技会の開催及び公認に関する事業
  3. オリエンテーリングの競技力向上に関する事業
  4. その他この法人の目的を達成するために必要な事業

歴代会長(任期は総会決定日で起算):

第一代 大野 晃 平成2年7月~平成13年5月27日
第二代 小野 清子 平成13年5月27日~平成17年6月12日
第三代 長谷川 純三 平成17年6月12日~平成23月5月10日
現在 山西 哲郎 平成23年5月10日~

当協会の所在地、連絡先

事務局

JOA所在地マップ

沿革・歴史

できごと
19666.26日本初のオリエンテーリング大会が「徒歩ラリー」として東京都高尾山にて開催
1968-日本オリエンテーリング協会設立準備委員会を設置
19696.23国際オリエンテーリング連盟加盟
19699社団法人国民健康つくり運動協会内に日本オリエンテーリング委員会(JOLC)を設置
197010埼玉県に3箇所パーマネントコースを設置「元加治・高麗・越生」、100キロコンペ始まる
19711.17山口県羅漢山スキー場にて日本初のスキーオリエンテーリング
1972-世界最大の大会「O-Ringen」に青木高、柳下惇夫が日本から初参加
197311日本初のオリエンテーリングマップが多摩OLCにより作成される
19752.16第1回全日本オリエンテーリング大会を埼玉県で開催
10日本人による初めての通行可能度入りオリエンテーリングマップがOLCみちの会および東京OLCにより作成される
1976-世界選手権に杉山隆司が日本人初参加。個人26位
19793.4第1回日本学生オリエンテーリング選手権大会開催
19821.15環太平洋オリエンテーリング選手権を埼玉県にて開催(~17日)
1985第1回マスターズゲームスがカナダにて開催
19902事務局を港区芝5丁目に開設、日本オリエンテーリング委員会事務を(財)健康・体力つくり事業財団より委譲
19907日本オリエンテーリング協会を設立
19914.26文部省の認可を得て社団法人日本オリエンテーリング協会を設立
19925.3アジア環太平洋オリエンテーリング選手権を静岡県・愛知県にて開催(~5日)
19932.7第1回全日本リレーオリエンテーリング選手権開催。東京都が団体総合優勝
19946.21日本体育協会加盟
199611事務局を東京都港区芝3丁目に移転
20004.15ワールドカップを静岡県にて開催(~16日)
20018.18ワールドゲームズ(秋田)においてオリエンテーリング種目が開かれる(~19日)
20023事務局を東京都渋谷区に移転
20058.7世界オリエンテーリング選手権および世界トレイル・オリエンテーリング選手権が愛知県にて開かれる(~14日)
200811.24第1回全日本スプリントオリエンテーリング大会を千葉県で開催
20093.3世界スキーオリエンテーリング選手権が北海道にて開催される(~8日)
20104.30アジアオリエンテーリング選手権が岐阜県・愛知県にて開催される(~5月5日)
20123.24第1回全日本スキーオリエンテーリング大会を北海道にて開催(~25日)
20126.4公益社団法人認定
201211.23第1回全日本ミドルオリエンテーリング大会を長崎県で開催
20136.27公益財団法人日本オリンピック委員会に承認団体として加盟