ナヴィゲーション・インストラクター

概要

山岳遭難の40%を占める道迷い遭難。道に迷わないためには何が必要なのでしょうか?

(公社)日本オリエンテーリング協会(JOA)では道迷いを防ぐスキルをスタンダード化し、スキルを確認する検定をスタートします。そのための指導者・検定者、を養成します。それがナヴィゲーションインストラクター(NI)です。NIは、スキルの講習を通して、ナヴィゲーションスキルと地図読みの楽しさを伝え、アウトドアの安全に貢献します。
詳細かつ最新の情報はナヴィゲーション・インストラクター特設ウェブサイトをご覧ください。


ナヴィゲーション・インストラクターになるには

NIになるには以下の要件が必要です。

①申し込み

以下の条件を満たした方がJOA主催のナヴィゲーション・インストラクター養成講座に申し込むことができます。申し込みに当たって条件を満たしているか確認するため書類審査があります。審査を通過しないと受講できません。

受講条件
  1. 地図を使ったアウトドア活動を30日以上行った経験があること(地図を読みながらの登山、地図を主とした講習・研修、等)
  2. 満20歳以上であること
  3. ナヴィゲーション・読図の指導に興味を持ち、本認証の趣旨に賛同したもの

②養成講座

事前課題に取り組み、2日間の講座を受講して下さい。事前課題は指導計画の作成や屋内講習用の資料作成などを行います。講座ではNI資格の説明や講習を開催するにあたって必要な項目を学ぶだけでなく、模擬講習や模擬検定なども実施します。課題や検定の結果によっては不合格となる場合があります。

③OJT

認定研修会講師(マイスター)の下でアシスタントを務める実地研修を1~2回行います。講師経験がある人は免除される場合があります。

④認定・登録

OJTを修了した方はNIに認定され、登録が可能となります。NIは自身の講習にてナヴィゲーションスキル検定を行うことができます。

更新

NIの資格認証の有効期間は4年です。更新を希望する場合は有効期間内に1回以上の更新研修を受講しなければなりません。また4年ごとに当協会へ登録が必要となります。

認定料・登録料

ナヴィゲーション・インストラクターの認定料・登録料は以下のとおりです。

認定料8000円
登録料8000円(4年)

養成講座日程や規定等の詳細について

詳細な情報および最新情報はナヴィゲーション・インストラクター特設ウェブサイトに掲載されています。