1-2.オリエンテーリングとは?

 「オリエンテーリング」とは、地図とコンパスを持って、指定されたチェックポイントを主催者が指定した順番でまわりゴールするまでの時間を競う競技です。

 一般に、オリエンテーリングというと、小学生の遠足で行うグループでのレクリエーションとしてとらわれがちですが、国際大会も多数開かれている競技スポーツとしての側面も持っています。日本国内での愛好者は数万人いるといわれ、各大学にも体育会系のクラブがあります。

 日本国内でも、毎週のようにどこかで大会が開催されており、競技として一流を目指す者たちだけではなく、一般の人でも気軽に参加できるような配慮がされています。関東の大会では、500人~1000人くらいが参加する規模の大会が多く開かれています。

 海外ではヨーロッパがメインで、ひとつの大会に1万人近い方が参加することも珍しくありません。

 オリエンテーリングを競技としてやっているものの多くは、マラソン、山岳競技、アドベンチャーレース、トライアスロンなど、過酷な競技にも参加しているものが多くいます。

 一方、アドベンチャーレース界などから、地図を読む訓練のためにオリエンテーリングに参加される方も多く、非常に幅広い分野からの参加者があります。