1-4.オリエンテーリング用地図

 オリエンテーリング用の地図は、道路地図などとは異なり、非常に特殊な地図を用いています。このため、初めてオリエンテーリングをされる方が地図を見ても、一体どういった情報が詰め込まれているか判断するのは非常に困難でしょう。ここでは、そうしたオリエンテーリング用の地図の見方を解説します。

左の地図は、一般的に用いられているフットオリエンテーリング用の地図です。

地図中、1から5まで数字が円の脇に書いてありますが、参加者はこの数字の順に、円の中心を目指し、数字の中心位置に設置されてあるコントロールでコントロールカードにパンチ(チェック)します。

地図上には通る順番だけではなく、等高線、道路の状態(幅など)、特徴物(岩や、祠、炭焼釜など)なども表記されており、さらには現地の植生(植物の発育状況)などが描かれています。それぞれの記号の意味や、色の意味はここでは省きますが、実に様々な情報がこの一枚の地図に埋め込まれており、それを走りながら理解するにはそれなりの熟練が必要になってきます。

 レベルの高い選手などは、常に等高線や、植生などを気にしながら、登りすぎないよう、植物が密生している部分を避けるよう、にルートを選択します。

 実際には、わずかにルートを変更しただけでは、数秒しか差が発生しないように感じるかもしれませんが、トップクラスでは15kmのコースでも優勝タイムは2位や3位と秒差であることがよくあり、こうしたちょっとしたルート選択ミスで優勝を逃すことは稀ではありません。