3-2.ワックスについて その2

2. 用具について

 ここでは、私がスキーの手入れに必要だと思う用具について説明します。もちろんその他代用できるものであれば、それでも構いません。

1.ワックス(市販:¥900~15,000までピンきり)

 ワックスはスキー用のワックスを購入してください。私は固形のものが良いと思います。種類を選ばなければ、今やスポーツ店ならどこでも売っています。ワックスを選んで塗り分けたいという方は、武石さんを通して、富士スポーツから購入するのが良いかもしれません。

 現在ワックスは世界各国で、様々なメーカーが開発・販売しています。今回の講習ではその中の1メーカーであるSWIX社(ノルウェー)を紹介します。SWIXを選んだ理由は、第一に日本で最も手に入りやすいワックスであるということ(世界的にも NO.1のシェアを誇っています。)、第二にワックスの種類が系統立てられていて説明しやすいことです。クロスカントリー用品を扱っているお店であれば必ずといってもいいほど売っているので、まずはこのメーカーのワックスを極めることが第一歩でしょう。ただしお値段が高めなのがたまにキズといったところです。

2.アイロン(市販:¥10,000くらい)

 固形のワックスは熱で溶かしてスキーに塗るため、アイロンが必要となります。ガスバーナー等でも代用できますが、一定の温度を保てるという店や、スキー板に塗りやすいという店では、やはりアイロンが最適でしょう。スキーワックス専用のアイロンも販売されていますが、家庭用アイロンで十分代用できます。ただし、一度ワックスに使ったアイロンはワックス専門にした方がよいでしょう。昔、母に黙って家庭用アイロンでワックスを塗ったところ、父のワイシャツにワックスの匂いが染み込んで怒られたということがありました。ワックスはきれいにふき取れても匂いはかなりしつこく残るようです。

3.スクレーパー(市販:¥900くらい)

 塗ったワックスを削り取るときに使用するプラスチック板です。きちんと削れれば、ホームセンターに売っているプラ板でも何でも良いです。

4.ナイロンブラシ・コンビブラシ(市販:¥3800)

 ワックスを削り取った後、スキーの滑走面の細かい溝に詰まっているワックスをかき出すためのブラシです。これはできればスキー用として市販されているものを買ったほうが良いかもしれません。

5.スキーバイス(市販:¥25000くらい)

 バイスとは一言で言うとスキーを固定しておく台です。市販されているものは値段が高く、それゆえに自作する人も多いようです。要はスキー板にワックスを塗るときや、ワックスを削り取り時にスキーが動かなければ良いわけですから、自作はそう難しいことではありません。また、取り付け式の小型万力を二つ使って固定するなど、市販されているものを応用しても良いと思います。

6.キッチンペーパー

 最後にワックスのかすをふき取るときに使います。ふき取れるものであればなんでも構いませんが、トイレットペーパーなど、紙そのものから繊維のカスがでるものは好ましくありません。

大体以上の6つが揃えば最低限の低入れは出来ます。