3-4.ワックスについて その4

4.いろいろな場合の手入れの方法

1.クリーニング
<>  スキーが滑らなくなる理由の一つに、滑走面の汚れが上げられます。通常スキーをすると滑走面には雪上の汚れが付着します。それらの汚れを取り除くのがクリーニングという作業です。作業手順はいたって簡単で、前述した「基本的な手入れの仕方」と同じ手順です。ただし異なる点は、ワックスを塗った後すぐに(温かいうちに)削り取るということです。(すぐといっても、ワックスが液体から固体に変わってからでよいですが。)滑走面上の汚れを液体のワックスで浮かせて、汚れ後と削り取ってしまおうというわけです。汚れがひどいとき(春先の汚い雪や、土まみれの雪のときなど)は削りかすに汚れがつかなくなるまで2~3回行いますが、通常ならば一回で良いでしょう。

2.新しいスキーの手入れ方法

 最近のスキーはどこのメーカーもストラクチャー加工がされていて、「仕上がった状態」で送られてきます。しがって滑走面に関してはあまり気にする必要は無いでしょう。しかし、スキーの角は以外に毛羽立っていることが多いです。そこで買ったばかりのスキーの場合、履く前には200~300番くらいの目の細かい紙やすり(専用のサンドペーパーは5枚で800円くらいです。)でスキーの角を軽くこすってやることをお勧めします。ただし削りすぎはエッジ(角)が丸まってしまい、横滑りの原因となるため要注意です。それから、買ったばかりのの新品にはワックスが塗ってありません。したがって、前述の手順に従ってワックスを塗ってください。

3.滑走面に傷がついたときに手入れ方法

 滑走面の傷も、大きめなものはスキーの滑走性を低下させる原因の一つとなります。傷の部分にブラシではかき出しきれないほどワックスがたまり、結果的に古いワックスが残ってしまうことになるからです。

 スキーの傷を治すためには、滑走面を削るしかありません。削る方法は2つあります。1つはサンドペーパーを使用されることをお勧めします。通常の木工用紙やすりなどでは、やすりの砂が傷にたまる恐れがあるからです。サンドペーパーは何か平らなものに巻きつけ、スキーの先から後ろに向かってかけます。かけ終わった後はスクレーパーで毛羽たちを取り除き、クリーニングを行います。サンドペーパーの欠点は、平らに削るのが難しいことと、傷が深すぎると完全には修復するのが大変だということです。2つ目は、金属製のスクレーパー、もしくはその他滑走面を削り取れる者で滑走面自体を削り取る方法です。この場合もスキーの先から後ろに向かってかけ、スクレーパーで毛羽たちを取った後、クリーニング作業を行います。

 傷は、あまり大きいもので無ければ気にする必要はありません。また、富士スポーツ店等の専門店に持っていけば有料で修復してくれると思いますので、専門家に任せるというのも一つの手です。

4.シーズンオフの手入れ方法

 シーズンオフにはいる前にはスキーに保護ワックスを塗っておくことが大切です。スキーの酸化防止にもなりますし、少々の傷からも守ってくれます。クリーニング作業を行った後、固めのワックス(なんでもよい。赤か紫系の安いワックス)を塗って常温で保存しましょう。

 以上簡単にワックスのことを説明しました。手入れを行った後、スキーに乗ってみると、ワックス技術の重要性が体感でお分かりいただけると思います。スキーは恋人と同じくらい(それ以上?)大切にしなければなりません。これがとても重要です。