• HOME
  • コーチ1・コーチ2

コーチ1・コーチ2

概要

コーチ1・コーチ2は公益財団法人日本スポーツ協会(JSPO)の公認スポーツ指導者制度によって認定された資格です。スポーツ指導者としての基本的なスキルを身につけたうえで、オリエンテーリングの初心者からエリートクラスまでの、幅広い競技者を指導し、競技力の向上を担う人材を育成します。

コーチ1

オリエンテーリングが今後社会に対して担うべき役割を踏まえながら、それを実現していくことのできるスキルと知識、見識を持った指導者を養成します。オリエンテーリング競技の専門知識・技能及び指導力を活かし、クラブの教室等に於いて初心者~初級者を対象として企画・運営を行うことを目指します。

受講資格

受講年度の4月1日現在、満18歳以上の者で、オリエンテーリングの経験を有する者

コーチ2

オリエンテーリングが今後社会に対して担うべき役割を踏まえながら、それを実現していくことのできるスキルと知識、見識を持った指導者を養成します。中心的役割を担ってクラブの育成等の指導ができる者。また、より広いエリア(県及びブロック)を対象とし、レベルに応じた競技指導を企画・実施できる者の育成を目指します。

受講資格

受講年度の4月1日現在、満20歳以上の者で、コーチ1の資格を有する者。

コーチ1・2受講の手引き(322KB)

新コーチ制度についてのQ&A

よくいただく質問についての回答をまとめました。
こちらのページよりご覧ください。

紹介動画

コーチ制度概要説明 (約7分)
本年度より始まる日本スポーツ協会指導者育成制度「オリエンテーリング」の制度の概要について、制度設計をとりまとめた村越真(JOA顧問)が紹介します。
講師吉田勉さんによる解説 (約8分)
オリエンテーリングの技術とはどのようなものか、それに対する指導の基本的な考えはどうあるべきか、また指導場面はどう設定するかを簡単にご紹介します。
講師小泉成行さんによる解説 (約11分)
コーチとして競技者とどのように対話をすればよいか。このテーマの講義を主として担当する小泉成行講師が、現場でのウェアラブルカメラによる画像を使った選手との対話について簡潔に紹介します。

ディレクタ制度からの移行

JOAでは2021年度から2023年度にかけて、現行のディレクタ制度からコーチ制度への移行を行います。

ディレクタ1級→→コーチ2もしくはコーチ1
ディレクタ2級→→コーチ1

コーチに移行するためには、JSPOが設定する共通科目とJOAが設定する専門科目の講習会を受講しなければなりません。
資格認定に必要な受講時間は以下の通りです。
コーチ1 共通科目Ⅰ 45時間(NHK学園による通信講座)
     専門科目  30時間(集合16時間・自宅14時間)
コーチ2 共通科目Ⅱ 135時間(通信講座+オンライン講習2日間)
     専門科目  44時間(集合24時間・自宅20時間)

ディレクタからコーチに移行する場合は専門科目を一部免除します。
実際に受講いただくのは次の時間になります。
ディレクタ2級➡コーチ1 11時間(集合6時間・自宅5時間)
ディレクタ1級➡コーチ1 7時間(集合5時間・自宅2時間)
ディレクタ1級➡コーチ2 21時間(集合8時間・自宅13時間)

指導者資格リーフレット(104KB)

コーチ養成講習会(移行講習会)

2021年度はディレクタ資格所持者のコーチ資格への移行講習会を実施します。 新規の受講につきましては、来年の実施を予定しておりますのでお待ちください。
受講資格

コーチ1 ディレクタ2級もしくは1級を所持している者(2021年度の登録を済ませている者)

コーチ2 ディレクタ1級を所持している者(2021年度の登録を済ませている者)
共通科目

JSPOのインターネットサービス「指導者マイページ」から講習会の申込手続きを行い(詳細は下に記す)、案内に従って受講してください。 コーチ2の集合講習は、今年度についてはオンラインで4回開催されます。

専門科目

以下の日程で集合講習会を開催します。自宅講習の日程等につきましては、後日ご連絡いたします。

コーチ1 
日時: 2022年1月16日(日)
場所: 国立オリンピック記念青少年総合センター(小田急線参宮橋駅下車歩3分)

開催要項:
コーチ1養成講習会開催要項(282㎅)

申し込み

a)JOAのメールアドレス(joa@orienteering.or.jp)に、必要事項を記載した受講申込メールを送付する。

記載必要事項
  • 1)受講を希望するコーチのレベル(1or2)
  • 2)氏名
  • 3)ふりがな
  • 4)生年月日
  • 5)郵便番号・住所
  • 6)電話番号
  • 7)メールアドレス
  • 8)ディレクタ所持級・登録番号
b)JOAより受講可の返信を受領後、JSPOのインターネットサービス「指導者マイページ(https://my.japan-sports.or.jp/login)」のアカウント登録手続きを行い、指導者マイページから本講習会の申込手続きを行う。申込方法の詳細は、下記URLを参照のこと。 https://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid208.html
受講料・認定料

受講料
コーチ1 
共通科目 22,000円(税込)
専門科目 22,000円(税込)
※ 今年度は移行講習のみ実施のため13,200円(税込)とする。
コーチ2 
共通科目 20,900円(税込)
専門科目 22,000円(税込)
※ 今年度は移行講習のみ実施のため13,200円(税込)とする。

登録料(コーチ1・コーチ2共通)
基本登録料  10,000円
初回手数料   3,000円
資格別登録料 10,000円
※ 登録料は4年間の金額です。

登録及び認定

 共通科目及び専門科目の全ての検定試験に合格して所定のカリキュラムを修了し、公認コーチとして必要な資質能力を修得した者を修了者(「新規登録」対象者)と認め、修了通知と登録案内を送付します(2022年5月頃)。 公認スポーツ指導者登録規程に基づき、登録手続き(登録料の納入等)を完了した者を公認コーチ1として認定し、「認定証」及び「登録証」を交付します(2022年10月1日付)。 コーチ受講中のディレクタについては、登録料免除で2022年度4~9月有効の登録証を発行します。

更新

資格の有効期間は4年間です。4年ごとに更新をする必要があります。資格を更新するためには、有効期限の6カ月前(3月)までにJSPOまたはJOAが定める研修(更新研修)を受講することが必要です。

参考