ミドル、4種目制覇で締めくくる!

8月31日、天気予報は前日と同じような曇時々雨、でしたが打って変わって朝から快晴の中、ミドルディスタンス競技が行われました。ジュニア世代が挑むには難し過ぎるようなテレインでしたが、日本だけでなくアジア各国にも、ミスを最小限に抑えた素晴らしいレースをした選手がいました。
70kaneko.jpg
71abe.jpg
 M20、W20クラスはともに大学生になってからオリエンテーリングを始めたばかり、キャリアたった1年と数ヶ月の朝間、阿部がアジアのジュニア選手権者となりました。
M20
1 朝間玲羽(日本) 0:38:58
2 金子哲士(日本) 0:40:56
3 XIAO TANG (CHN) 0:42:03
4 椎名晃丈(日本) 0:44:01
5 大石洋輔(日本) 0:45:11
6 CHEUK WANG WONG(HKG) 0:47:02
8 森清星也(日本) 0:49:58
79M20f.jpg
79M20m.jpg
W20
1 阿部悠(日本) 0:41:26
2 MIN-HUEI HUANG(TWN) 0:41:32
3 YAN WANG(CHN) 0:43:16
4 ZIYUN YE(CHN) 0:45:21
5 香取瑞穂(日本) 0:49:56
6 XUEQIN YANG(CHN) 0:54:48
8 吉田茉莉枝(日本)1:18:23
大栗由希(日本)1:53:58
河野珠里亜(日本)DISQ
78W20f.jpg
78W20m.jpg
 M18は日本チームで最も層の厚い高校1年生世代のエース、飛び級挑戦の寺嶋が見事にスプリントとの2種目制覇を達成しました。
M18
1 寺嶋謙一郎(日本) 0:36:33
2 YAU MAN CHU(HKG) 0:41:39
3 TSZ CHUN WONG(HKG) 0:45:28
4 JINXIAN ZHU(CHN) 0:50:06
5 KAI YUI YAM(HKG) 0:51:54
6 SHIYU XIONG(CHN) 0:53:35
9 牧戸悠生(日本)0:55:36
11 生田真大(日本)0:56:49
13 高橋裕貴(日本)1:31:17
国沢琉(日本)DISQ
77M18f.jpg
77M18m.jpg
W18
1 YING YAU CHU(HKG) 0:34:32
2 YIN XIONG(CHN) 0:38:47
3 YI SHAN WONG(HKG) 0:39:00
4 BIN WANG(CHN) 0:40:41
5 落合英那(日本) 0:42:49
6 古田島鈴音(日本) 0:50:04
10 伊庭しづる(日本)1:03:53
11 丸山里那子(日本)1:07:52
76W18f.jpg
 エース寺嶋だけでなく、スプリント優勝の早川が前日のリレーで怪我のため出走できなかったM16でしたが、スプリントで僅差の3位、2位だった福室、森が見事にワンツーを決めてくれました。
M16
1 福室凜(日本) 0:28:28
2 森創之介(日本) 0:29:45
3 CHEUK HEI LUM(HKG) 0:30:35
4 HO KIU AU(HKG) 0:32:04
5 清古光(日本) 0:35:13
6 XIN XIAO(CHN) 0:35:30
7 藤原考太郎(日本)0:39:14
75M16f.jpg
75M16m.jpg
W16
1 WING MAN(HKG) 0:37:44
2 SHANLIN TAN(CHN) 0:42:47
3 YU-CHI LIANG(TWN) 0:47:41
4 HOI YAN LO(HKG) 0:49:46
5 TSZ WING KWONG(HKG) 0:52:58
6 WING YIN WONG(HKG) 0:54:00
7 清水優里(日本)54:53
8 飯沼友梨(日本)55:42
 経験の少ない選手ばかりのM/W14でしたが、大会を通して目覚ましい成長を遂げ、男女とも銀メダルを獲得です。また、入賞圏外となった選手が本気で悔しがる姿も印象的でした。
M14
1 HONG CHING FUNG(HKG) 0:17:18
2 尾藤碩(日本) 0:20:19
3 SIU LONG SHUM(HKG) 0:22:31
4 HEON BIN HA(KOR) 0:22:53
5 CHEUK LONG ETHAN FONG(HKG) 0:23:22
6 MAN KIT BOSCO YAU(HKG) 0:26:01
7 入江啓至(日本)0:26:31
9 青山慶啓(日本)0:31:11
12 伊藤和生(日本)0:46:19
13 小比賀草太(日本)0:51:37
M14F (2).JPG
79M14f.jpg
W14
1 YOYO YOU(HKG) 0:32:05
2 山本美沙(日本) 0:33:44
3 小笠原鈴奈(日本) 0:34:17
4 PUI YUET SIU(HKG) 0:35:11
5 HIU MAN SOPHIE KO(HKG) 0:43:32
6 WAI KI FUNG(HKG) 0:43:42
74W14f.jpg
74W14m.jpg
 若者中心の運営体制で開催されたAsJYOC2019はほんとうにいい大会で、日本はじめ各国の選手たちに素晴らしい記憶として残ったものと思います。また、日本選手団に多くの声援、ご支援をいただきました。みなさん、どうもありがとうございました。今後ともジュニア世代の活躍にご期待下さい。
73syuugou.jpg